おいしいコーヒーの入れ方!4つのstepで本格派を味わう

お手軽でおいしいコーヒーの入れ方を、基本的なコツを交えながらご紹介します。ペーパードリップならお手軽に、本格的なお味のコーヒーがお家で飲めちゃう♪ お好みにあったコーヒーが自由自在に作れたら、カフェタイムがもっと楽しくなること間違いなし!

2018年4月26日 更新

ドリップ以外の入れ方の種類は?

フレンチプレス

作り方はコーヒーポットの中に直に豆を入れ、その上からお湯を注いで蒸らします。3分程度蒸らしたあとに、上から金属製のフィルターで下に豆を押し込むようにすれば完成! フレンチプレスでの抽出方法はペーパーフィルターを通さないため、豆本来の油分「コーヒーオイル」を堪能することもできます。オイルにはコーヒー本来のコク成分がたくさん含まれており、ペーパーフィルターよりも深い味わいが楽しめますよ。

コーヒーメーカー

ペーパードリップでしていたお湯を沸かす作業、豆を蒸らす作業、お湯をゆっくり注ぐ作業、それら全てが自動化されたものがコーヒーメーカーです。忙しい朝でも、水、ペーパーフィルター、豆をセットしたらあとはスイッチオン♪ 豆を挽くためのミル機能が付いているタイプも、販売されています。

フィルターにもいろいろな種類が!

ペーパードリップ

一番手軽でオーソドックスなのが、紙でできたペーパードリップ。使い捨てなので衛生的ですね。ペーパードリップでコーヒーを入れた場合、油分を紙が吸収するため"スッキリとした味わい"が楽しめます。

金属フィルター

さきほどご紹介した「フレンチプレス」式にも使用していた、金属タイプのフィルターです。紙を使用しないため、コーヒーオイルの"深いコクのある味わい"を楽しむことができます。

ネルドリップ

布で作られたコーヒーフィルターは、ネルドリップと呼ばれています。毎回洗ったり保管方法など1番お手入れが大変ですが、ネルドリップで入れた特有のおいしさから根強い愛用者がいるんですよ。蒸らすときにコーヒー豆をふんわりとさせ、"お味やコクを優しく引き出す"ことができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS