ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

定番のペーパーフィルター

使い捨てのフィルターなので、粉の処理や手入れが不要で使い捨てできる手軽さが人気ですね。素材がペーパーというだけあって細かな繊維が特徴です。この細かいフィルターによってコーヒー豆から出た油分がろ過され、抽出されたコーヒーはスッキリとした味わいになります。

素材の種類

茶色い無漂白タイプのものと、白色の漂白タイプの2種類があります。白色は酵素で漂白されているので安心して使えますよ。安物はコーヒーの風味を損ねてしまうことがあるので、信頼できるメーカーのものを使用するようにしましょう。

使い方

ドリッパーに沿うように折りクセをなくしてセットします。カラフェなどの容器に置き、粉を入れたら、最初は20ccほどのお湯を全体に注ぎ蒸らします。香りがするまで30秒ほど待った後は、中心にお湯を少しずつ「の」の字を書くように注ぎ、膨らみがなくならないよう止めたりを繰り返して抽出します。

何度も使える金属フィルター

金属フィルターでは、抽出のスピードが速いのでコーヒーの成分がダイレクトに抽出されます。うまみ成分を持つオイルもたっぷり抽出されるので、香りが強くコーヒー本来の旨みや甘みを味わうことができるフィルターです。ペーパーに比べると目が粗いのでザラつきを感じることも。

素材の種類

現在の主流はステンレスや純金メッキのものです。ステンレスのものは金属の香りが移ってしまう懸念があり、チタンコートされているものが人気ですよ。純金メッキのものは、味と香りに影響が少ないフィルターといえます。

使い方

カラフェなどの容器にセットし、粉を入れたら、まずはペーパーフィルタ同様蒸らしましょう。お湯はゆっくり少しずつ注いでいくのがポイントです。急いで注いでしまうとお湯がサーッと抜けてしまいうまく抽出されません。「の」の字は書かず、中心一点に注いでいくようにします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS