おいしいコーヒーの入れ方!4つのstepで本格派を味わう

お手軽でおいしいコーヒーの入れ方を、基本的なコツを交えながらご紹介します。ペーパードリップならお手軽に、本格的なお味のコーヒーがお家で飲めちゃう♪ お好みにあったコーヒーが自由自在に作れたら、カフェタイムがもっと楽しくなること間違いなし!

2018年4月26日 更新

3. お湯を全て注ぐ

蒸らし終わったら、お湯を豆に向けてゆっくり円を描くように注いでいきます。お湯を注ぐスピードは、"ぽたぽたと落ちる流れが止まらない程度"を意識するといいですよ。

フィルターにあたるようにお湯を入れたり、一気に入れてしまうと味が薄くなってしまいます。ふんわり広がる豆の香りを楽しむように、お湯を入れる時間も楽しんでみてください。

4. 温めたコーヒーカップに入れる

コーヒーカップはあらかじめ温めておきましょう。コーヒーが急激に冷めにくくなり、おいしく飲むための大切なポイントです。コーヒー豆を蒸らしているときの、余った熱湯を注いでおくとちょうどいいですね。お好みでミルクを添えたら、おいしいコーヒーの完成です!

作るときのコツ

コーヒー豆の量を測って

コーヒー豆は微妙な量の違いにより、できあがったときのお味が大きく変わってきます。さじスプーンよりも、1g単位の数字が見えるデジタル計があると便利ですよ。一般的なひとり分の目安は10gですが、お好みに合わせてひとりあたり5gずつ増やしてもおいしくいただけます。

1杯抽出のドリップでも基本は一緒!

コーヒーポットを使用せずに、コップの上にドリッパーとペーパーフィルターをセットする抽出方法もあります。この方法でも、基本となるお湯の温度や手順は変わりません。最初に豆を蒸らしてから、お湯を回し入れるようにゆっくり注ぎましょう。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう