おいしいコーヒーの入れ方!4つのstepで本格派を味わう

お手軽でおいしいコーヒーの入れ方を、基本的なコツを交えながらご紹介します。ペーパードリップならお手軽に、本格的なお味のコーヒーがお家で飲めちゃう♪ お好みにあったコーヒーが自由自在に作れたら、カフェタイムがもっと楽しくなること間違いなし!

2018年4月26日 更新

作るときのコツ

コーヒー豆の量を測って

コーヒー豆は微妙な量の違いにより、できあがったときのお味が大きく変わってきます。さじスプーンよりも、1g単位の数字が見えるデジタル計があると便利ですよ。一般的なひとり分の目安は10gですが、お好みに合わせてひとりあたり5gずつ増やしてもおいしくいただけます。

1杯抽出のドリップでも基本は一緒!

コーヒーポットを使用せずに、コップの上にドリッパーとペーパーフィルターをセットする抽出方法もあります。この方法でも、基本となるお湯の温度や手順は変わりません。最初に豆を蒸らしてから、お湯を回し入れるようにゆっくり注ぎましょう。

こだわり派は豆にもこだわって

コーヒー豆の選び方

コーヒー豆を買うときに、1番大切にするポイントは鮮度。同じコーヒー豆でも鮮度によって酸味が強くなっていたり、お味に変化がでてきますよ。粉にするなら、購入したその場で挽いてくれるお店がいいですね。コーヒー豆のお味は一般的に苦味と酸味、コクと香りのバランスで決まります。鮮度を維持するためにも、コーヒー豆は少量ずつ購入しましょう。

挽きたては香りを楽しめる!

お店で豆を挽いてもらう場合は器具もいらず、とても手軽に楽しむことができます。しかしコーヒーの香りを強く楽しめるのは、なんといっても"挽きたて"。さらに豆の状態のまま購入することで、鮮度も落ちにくくなります。

ストレートとブレンドの違い

ストレートは1種類の豆のみを使用しており、その豆本来のお味を楽しむことができます。それに対しブレンドは、複数の豆を混ぜたコーヒー豆。酸味や苦味のバランスをとることで飲みやすくなっていたり、お味に深みがありますよ。 どちらのタイプにもよさがありますが、コーヒービギナーならブレンドからがおすすめ。好みが分かってくるまで、酸味と苦味のバランスがよいものを選びましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS