ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

サイフォンコーヒーとは?

コーヒーの作り方はいろいろあります。ペーパーやネルでのドリップ、コーヒーメーカー、フレンチプレス、そしてサイフォン。今回特集するサイフォンコーヒーは、まるで理科の実験かのようなアイテムを使うのが特徴です。 目視でコーヒーができあがるのを見ることができ、コーヒーが淹れ終わるまでの雰囲気も楽しめるコーヒーの淹れ方。フラスコに入った水を温め、蒸気が上がることで抽出されるサイフォンコーヒーは、淹れた瞬間から香りたつ本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

「サイフォン」ってどんなもの?

サイフォンといえば、まずはその見た目に惹かれる人が多いのではないでしょうか。理科の実験で使うような大きなグラスのフラスコを、アルコールランプを使って下から火で熱するその方法は、見ていてワクワクするコーヒーの淹れ方です。 フラスコに入った水の温度を調節、フラスコ内のお湯を上下に行ったり来たりさせることでコーヒーを抽出。コーヒーとお湯が混ざり合う瞬間は、とても幻想的です。サイフォンコーヒーが男性にもファンが多いと言われているのは、この手間暇のかかる工程があるからなんですね!

サイフォンコーヒーの淹れ方

必要なもの

・ロート(粉砕したコーヒーを入れておく、上側のガラスパーツ) ・フラスコ(お湯を沸かす耐熱ガラス) ・アルコールランプ ・ボールチェーン(沸騰した状態、突沸を防ぐ) ・竹ベラ(攪拌時に使用) ・ネルフィルター

おいしい淹れ方

1. フィルターを準備、セット

濾過機にフォルターを設置します。フィルターは片側が起毛タイプのネルフィルターがおすすめです。ネルフィルターはコーヒーの雑味を取り除いてくれる働きをします。起毛していない面を表にしてネルを中心へセット。その中心を押さえながら、紐の緩みがないようにしっかりと結んで切ります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS