サイフォンコーヒーのおいしい淹れ方&必要な4つのアイテム

クラシカルな佇まいがおしゃれなサイフォン。目の前でコーヒーが作られていく過程を見ることができるので、リラックスした時間の流れを感じることができる道具でもあります。今回は大人のコーヒータイムにおすすめのサイフォンコーヒーについて特集します!

サイフォンコーヒーとは?

コーヒーの作り方はいろいろあります。ペーパーやネルでのドリップ、コーヒーメーカー、フレンチプレス、そしてサイフォン。今回特集するサイフォンコーヒーは、まるで理科の実験かのようなアイテムを使うのが特徴です。

目視でコーヒーができあがるのを見ることができ、コーヒーが淹れ終わるまでの雰囲気も楽しめるコーヒーの淹れ方。フラスコに入った水を温め、蒸気が上がることで抽出されるサイフォンコーヒーは、淹れた瞬間から香りたつ本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

「サイフォン」ってどんなもの?

サイフォンといえば、まずはその見た目に惹かれる人が多いのではないでしょうか。理科の実験で使うような大きなグラスのフラスコを、アルコールランプを使って下から火で熱するその方法は、見ていてワクワクするコーヒーの淹れ方です。

フラスコに入った水の温度を調節、フラスコ内のお湯を上下に行ったり来たりさせることでコーヒーを抽出。コーヒーとお湯が混ざり合う瞬間は、とても幻想的です。サイフォンコーヒーが男性にもファンが多いと言われているのは、この手間暇のかかる工程があるからなんですね!

サイフォンコーヒーの淹れ方

必要なもの

・ロート(粉砕したコーヒーを入れておく、上側のガラスパーツ)
・フラスコ(お湯を沸かす耐熱ガラス)
・アルコールランプ
・ボールチェーン(沸騰した状態、突沸を防ぐ)
・竹ベラ(攪拌時に使用)
・ネルフィルター

おいしい淹れ方

1. フィルターを準備、セット

濾過機にフォルターを設置します。フィルターは片側が起毛タイプのネルフィルターがおすすめです。ネルフィルターはコーヒーの雑味を取り除いてくれる働きをします。起毛していない面を表にしてネルを中心へセット。その中心を押さえながら、紐の緩みがないようにしっかりと結んで切ります。

2. お湯を沸かす

フラスコに水を入れ、フラスコの外側に付いた水滴をきちんと落としてからアルコールランプに火をつけます。

さて、ボールチェーンって一体なにに使うの?と思った人もいますよね。ボールチェーンは沸騰したことを教えてくれるサイン的な役割と、突沸(突然の沸騰)を防ぐ役割があります。ボールチェーンを見ていればお湯が沸騰したことがわかりやすくなります。

3. コーヒーの粉を入れる

コーヒーの粉は中細挽きなら10g、中挽きなら15g、粗挽きなら18gが目安と言われています。計量スプーンなどでコーヒーの粉を図り、ロートへコーヒーの粉を投入します。

4. 沸騰後、ロートをゆっくり差し込む

フラスコに入れたお水が沸騰したら、ロートをフラスコへゆっくり差し込み、固定します。

5. 1回目の攪拌

フラスコのお湯がロートに入ったら、木ベラを使って1回目の攪拌を行います。静かにゆっくりとかき混ぜます。お湯がロートへすべて上がってしまう前にヘラで素早く攪拌、粉とお湯をよく馴染ませます。

ここで、ロート内にコーヒーの断面が確認できるようになり、上から泡、コーヒーの粉、液体の三層になると◎ この状態を1分以上おくとコーヒーの味に雑味が生まれるので注意が必要です。正しくは、15秒から45秒の「浸漬」(しんし)という抽出時間を守るとおいしいコーヒーを淹れることができます。

6. 2回目の攪拌

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう