「心」の意味は? 心太(ところてん)の漢字の由来&各地の食べ方

冷たくてツルツルの食感がおいしい心太(ところてん)ですが、なぜ「心太」と書くかご存じですか? 心に太いと書きますが、心と何か関係があるんでしょうか。今回は、気になる心太の漢字の由来や、その意味についてご紹介。各地によって異なる食べ方にも注目です!

2019年4月9日 更新

いつから食べられている?

起源は諸説ありますが、心太は中国から伝わったと言われています。スープを作って、それを放置していた結果、偶然の副産物として生まれたのだとか。とても古い歴史があり、日本でもさまざまな文献に記されています。

偶然にできた食べ物が、現在まで食べ続けられているとは驚きますね。どのような書物に書き記されていたのか、詳しく見ていきましょう。

正倉院書物に「心天」

心太のもっとも古い記述とされているのが、奈良時代の正倉院の木簡(もっかん)。ここに「心太」の記載が残っているといいます。御食国と呼ばれる地域から天草を宮中に送った記録があり、宮中の節気行事などに使われていたよう。

また、平安時代の「令義解(りょうのぎげ)」の解説書にも出てきますよ。地方の産物として、心太が納められていたと記されてます。

ちなみに……心太と寒天の違い

心太と寒天、食感も見た目も似ていますが、違いはあるのでしょうか。実はどちらも同じ天草を使っていますが、製法に違いがあります。

心太は、天草を煮て溶かすし固めて作ることは、前の部分でご説明しましたよね。一方で寒天は、ところてんを凍らせたあと乾燥させて作られます。そのため、心太のような磯の風味や香りは少なくなるんです。

地域によって異なる心太の食べ方

2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう