烏(からす)がつく理由が怖い!「烏賊(いか)」の漢字の由来と意味とは?

烏賊(イカ)は海の生き物なのに、漢字書くとなぜか烏の文字を使います。この由来なぜなのでしょう?海鳥でもない烏の意味、不思議だと思いませんか?イカだけでなく、タコにも虫ではないのに虫偏のついた「蛸」を使います。気になるこれらの由来をご説明。

2017年11月22日 更新

イカはなぜ「烏賊」?由来が知りたい

日本人は、マグロと並んで世界の漁獲量のほぼ2分の1を消費してしまうほどの烏賊(イカ)好きですが、みなさんはイカの漢字でスラスラと書けますか?普段はカタカナで書くことも多い烏賊、よく見ると不思議な文字を使っています。

海の生き物なのに海鳥でもない「烏」(カラス)に「賊」(ぞく)と書くイカ、一体どうしてなのでしょう?

イカの語源

イカの語源については諸説あり、確かなことは未詳です。先の尖ったやりのような「いかつい形をしているから」とする説や、怒ったような「いかめしい形をしているから」とする説、「い」は白で「か」は堅い意とする説などがあリます。

また、イカにまつわる言葉のひとつに、インチキを意味する「いかさま」があります。これは、イカは餌に似せた疑似餌で釣れることに由来するんだとか。

烏賊の漢字不思議じゃない?

なぜ烏(カラス)の漢字が入るのか

中国の古書『南越志』(なんえつし)には、このように記されています。

あるとき、水面にプカプカと浮かんでいる烏賊を捕らえて食べようとして、カラスが舞い降りた。このとき、烏賊は死んだふりをして突然、カラスにその長い足を絡めて水中に引きずり込んでカラスを食べてしまった。

この話から、カラスを襲う賊で「烏賊」となったのかもしれません。しかし、カラスは海鳥ではないし、烏賊がカラスを食べるというのも信じがたい話ですよね。

また、カラスに襲われた烏賊が、カラスの羽の色と同じ真っ黒な墨を吐いて撃退し難を逃れたという説もあります。蛸の墨は水中で拡散して煙幕のように広がりますが、烏賊の墨は粘性が高く、料理にも使われるほどにうま味成分があって、水中でも追って来た魚がイカ墨のうま味に気を取られている隙に逃げるんだそうですよ。

賊に込められた意味は?

イカにはトンビと呼ばれる鋭い口があります。イカの口の中の物をかみ砕く器官で、黒褐色。顎あごに相当します。獲物を捕らえるときは長い2本の蝕腕で捕らえ、残り8本の腕で抱え込み、鋭い口でかじるのです。

このイカの口を干したものは「カラストンビ」というお酒に合う珍味ですが、ここでも「からす」にちなんだ名前が使われています。カラスを襲うから「賊」。烏のような黒褐色のトンビと呼ばれる鋭い口がそんな凶暴さを連想させるのでしょうか?
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう