ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

イカはなぜ「烏賊」?由来が知りたい

日本人は、マグロと並んで世界の漁獲量のほぼ2分の1を消費してしまうほどの烏賊(イカ)好きですが、みなさんはイカの漢字でスラスラと書けますか?普段はカタカナで書くことも多い烏賊、よく見ると不思議な文字を使っています。 海の生き物なのに海鳥でもない「烏」(カラス)に「賊」(ぞく)と書くイカ、一体どうしてなのでしょう?

イカの語源

イカの語源については諸説あり、確かなことは未詳です。先の尖ったやりのような「いかつい形をしているから」とする説や、怒ったような「いかめしい形をしているから」とする説、「い」は白で「か」は堅い意とする説などがあリます。 また、イカにまつわる言葉のひとつに、インチキを意味する「いかさま」があります。これは、イカは餌に似せた疑似餌で釣れることに由来するんだとか。

烏賊の漢字不思議じゃない?

なぜ烏(カラス)の漢字が入るのか

中国の古書『南越志』(なんえつし)には、このように記されています。 あるとき、水面にプカプカと浮かんでいる烏賊を捕らえて食べようとして、カラスが舞い降りた。このとき、烏賊は死んだふりをして突然、カラスにその長い足を絡めて水中に引きずり込んでカラスを食べてしまった。 この話から、カラスを襲う賊で「烏賊」となったのかもしれません。しかし、カラスは海鳥ではないし、烏賊がカラスを食べるというのも信じがたい話ですよね。 また、カラスに襲われた烏賊が、カラスの羽の色と同じ真っ黒な墨を吐いて撃退し難を逃れたという説もあります。蛸の墨は水中で拡散して煙幕のように広がりますが、烏賊の墨は粘性が高く、料理にも使われるほどにうま味成分があって、水中でも追って来た魚がイカ墨のうま味に気を取られている隙に逃げるんだそうですよ。

賊に込められた意味は?

イカにはトンビと呼ばれる鋭い口があります。イカの口の中の物をかみ砕く器官で、黒褐色。顎あごに相当します。獲物を捕らえるときは長い2本の蝕腕で捕らえ、残り8本の腕で抱え込み、鋭い口でかじるのです。 このイカの口を干したものは「カラストンビ」というお酒に合う珍味ですが、ここでも「からす」にちなんだ名前が使われています。カラスを襲うから「賊」。烏のような黒褐色のトンビと呼ばれる鋭い口がそんな凶暴さを連想させるのでしょうか?

鯣や魷の意味

「鯣」(スルメ)は、イカの内臓を取り除いて乾燥させた加工食品で、お酒のおつまみとしておなじみですね。その語源は、墨を吐くものの群れに由来し、墨群(すみむれ)がなまって「するめ」となったと言われます。スルメは縁起物とされて、結納品などにも用いられます。これは、スルメが長持ちすることから、「花嫁が永く、その家に留まっていられますように」や「食べ物に困らないように」といった願いが込められているんです。 お寿司やさんの湯飲みに見かける1文字の「魷」という字は、魚へんに「ユウ」の音を表す「尤」を組み合わせたもので、スルメイカやヤリイカを意味します。

蛸(タコ)の漢字も不思議

イカと同様に考えてみればタコの漢字も不思議です。タコの語源は、「た」は「手」のことで、「こ」は接尾語。手が多いことにちなんで、そう呼ばれるようになったそうです。 きんこ(金の海鼠)・ナマコなどという海鼠(コ)の類ですが、手があるから手海鼠(てなまこ)の意から、それが訛ってタコになったという説もあります。 「蛸」は古くは「鮹」とも書き、中国では「馬の鞭(むち)の形の淡水魚」を意味します。「肖」の字は肖像のように「素材を削って像を作ること」の意味があり、日本ではタコは細く長い足を持つことから、魚偏に肖(削って小さくすると細く長くなる意味)で使われたようです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS