意外と知らないあの由来!「西瓜」ってどんな食べ物か知ってる?

お野菜やフルーツには漢字表記名があります。さまざまな漢字表記名があるため、読めないものもあるでしょう。「西瓜」とはどのような食材なのか、あなたは読めますか?ここでは西瓜について、さまざまなルーツをご紹介しましょう。

「西瓜」と書いてなんと読む?

「南に瓜」と書いて「かぼちゃ」と読みます。では、「西に瓜」と書いた場合は、なんと読むのでしょうか?みなさんはご存知ですか?これは「すいか」と読みます。そう、あの夏の定番のすいかです。

今回はなぜすいかが「西に瓜」と書くようになったのか、瓜という文字がつく食べ物にはどんなものがあるのか、などを詳しくお話していきます。

なぜ「西瓜」ですいかと読むの?

「西に瓜」と書いて、なぜ「すいか」と読むのでしょうか。

これは、中国に西瓜が伝わった際の方角に由来するのです。中国の西側にあるウイグルから伝わったため、「西からきた瓜」ということで、西瓜と書くのだそう。

ちなみに、中国語では西瓜を「シーグァ(xī guā)」と発音します。このシーグァという呼び方が日本に伝わってくる際に、「すいか」という発音になったのですね。

「水瓜」も「すいか」!?

すいかのことを「水瓜」と書くこともあります。水分をたくさん含んでいる瓜、という読んで字の如くの当て字なのだとか。

たしかにすいかには、たっぷりの水分が含まれているので、このような漢字が使われているのも納得ですね。

何個読める?「瓜」がつく食べ物

「西瓜」や「南瓜」のほかにも「瓜」という字が付く食材は存在しています。あなたは読めますか?

レベル1:「胡瓜」

これはご存知の方も多いでしょう。「きゅうり」と呼びます。夏野菜として知られていますが、近年ではいつでもスーパーやデパートで見かけるのが当たり前のお野菜ですね。サラダをはじめとして、中華料理に使われることも多く、さっぱりとした味わいが特徴です。

レベル2:「甜瓜」

こちらはそのまま読むと「テンカ」。実は「メロン」の漢字表記なのですよ。「マクワウリ」と説明されていることもあります。

メロンのように甘い特徴を持ち、芳醇な香りがあるマクワウリを「カンロマクワウリ」と呼ぶこともありますね。少々混乱しますが、「マクワウリ」とは現在の「メロン」のことを指しています。そのため、「マクワウリ」も「カンロマクワウリ」も、すべて「メロン」を指しています。

レベル3:「糸瓜」

こちらは「ヘチマ」。ヘチマの中身はまるで糸が張り詰められているような形状をしています。「そうめんかぼちゃ」として知られている「錦糸瓜」などもありますね。

ヘチマは食用として食べることもできるとご存知ですか?意外にもさまざまなお料理に使われているのですよ。

レベル4:「蕃木瓜」

こちらはそのまま読むと「バンモクカ」。実は「パパイヤ」のことなのです。パパイヤはさまざまな呼び方がありますが、この「バンモクカ」もその中のひとつ。

そのまま食べてもおいしいフルーツですが、タイやフィリピンでは果物としてだけではなく、野菜としても使用することが多いようです。

北瓜と東瓜もある?

西そして南があるのならば、北と東もあるのではないか?と思いますよね。「北瓜」「東瓜」と書く言葉は、残念ながらありません。

ただし、過去には「北瓜」という言葉が存在していたようです。スイカの別種という表記になっており、16世紀から17世紀にかけて書かれた本の中で使われていたようですね。

スイカに似ているもの、小さくて細長い特徴を持ち、味は甘いという記述があります。近年では北瓜の意味を調べてみると、西瓜の一種との説明書きがありますよ。

今日のおやつは西瓜!

スイカはなぜ西瓜と書くのか、気になっていた方はこれですっきりしましたね!今日のおやつは、ぜひ西瓜を食べましょう。

夏といえばスイカはひとつの風物詩になっており、キンキンに冷やしたスイカはそのまま食べても、デザートに使ってもおいしいですね。種は少々面倒ですが、こまめに取り除きながら食べましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう