「心」の意味は?心太(ところてん)の漢字の由来&不思議な食べ方

冷たくてツルツルの食感がおいしい心太(ところてん)ですが、なぜ心太と書くかご存じですか?心に太いと書きますが、心と何か関係があるんでしょうか?今回は、気になる心太の漢字の由来やその意味についてご紹介。各地によって異なる食べ方にも注目です!

心太(ところてん)の漢字の由来が気になる

つるつるとした喉越しや、酸味の効いた酢醤油で食べるのがおいしい心太(ところてん)。しかし、この「心太」という漢字、なぜ心が太いなんて書くのでしょう?

なぜ心が太いって書くの?

心太は天草が原材料であることはご存じでしょうか。心太の作り方は、この天草を煮てから固め、天付きと言う専用の器具を使い麺状にします。この作り方から心太の漢字が発祥しているようなんです。

元は「こころふと」と呼ばれていた

心に太いと書くところてんは、当時は「ところてん」ではなく、漢字のまま「こころふと」と呼ばれていたそう。

漢字の意味は、心太を作る際に、煮だした天草が冷めて煮凝る(固まる)様子に由来します。天草が凝る、「凝海藻(こるもは、こるも)」から変化したのですが、「凝る」の字の語源は「心」、これと太い海藻を表現する「太」の字をあてて「心太」の漢字を使っていたんだとか。

こころてんから「ところてん」

「こころふと」と呼ばれていたのがなぜところてんとなったのかは、「こころたい」「こころてい」と変化し、最後に「ところてん」と呼ぶようになった説が有力なようです。しかし、これにも諸説あり、正確なところは未詳の部分が多くあります。

いつから食べられているのか?

起源は諸説ありますが、心太は中国から伝わったと言われています。スープを作って、それを放置していた結果、偶然の副産物として生まれたんだとか。とても古い歴史があり、日本でも様々な文献に記されています。

偶然にできた食べ物が現在まで、食べ続けられているとは驚きますね。どのような書物に書き記されていたのか詳しく見ていきましょう。

正倉院書物に「心天」

心太の最も古い記とされているものは奈良時代の正倉院の木簡。ここに「心太」の表記が残っているといいます。御食国と呼ばれる地域から天草を宮中に送った記録があり、当時は節料(せちりょう)としてこれを納め、宮中の節気行事などに使われていたよう。

また、平安時代の『令義解』の解説書にも調として出てきますよ。調とは庶民に課せられた労役ですが、地方の産物でも納められていて、心太が使われていたと記されてます。

ちなみに…… 心太と寒天の違い

心太と寒天、食感も見た目も似ていますが違いはあるのでしょうか。実はどちらも同じ天草を使っていますが、製法に違いがあります。

心太を食べると、ほんのり磯の香りがしませんか?寒天はどうでしょう?あまり磯の香りガスるという方はすくないのでは?

心太は、天草を煮て溶かすし固めて作ることは、前の部分でご説明しましたよね。一方、寒天は、実はところてんを凍らせた後、乾燥させて作るもの。そのため、心太のような磯の風味や香りは少なかったんですね。

地域によって異なる心太の食べ方

酢醤油か黒蜜か

みなさんは心太をどうやって食べていますか?もちろん酢醤油でしょ?と思われた方も多いかもしれませんが、心太の食べ方は地域によってさまざまなんです。

全国的に、酢醤油と和がらし、ごまなどの薬味を食べるのが定番のようですが、関西地方では黒蜜をかけて果物を添えたり、東海地方では、三杯酢にゴマを添えて食事の小鉢として食べたり、生姜醤油で食べる地域もあります。

箸一本で食べる

心太を箸一本で食べる地域があること、ご存知ですか?今でもこの食べ方は残っており、箸一本でつるつると食べます。お箸一本で食べるなんて器用ですよね。普段の食事はもちろん一膳を使うのに、心太に限って箸一本で食べる理由はなぜなのでしょう?

これは、お箸が貴重であった時代に、江戸のある店では箸を人数分揃える事ができませんでした。やむを得ず一本で食べるようになり、江戸っ子の粋な食べ方として広まった説があります。

また、箸二本だと力が入りすぎて、心太が切れるから一本になった説、そして、江戸時代には高級和菓子であった心太を、わらび餅や羊羹を食べる際に使う黒文字で食べていたなごりから、箸も一本だけ使う地域があるという3つの説が残っています。

とっても食べにくそうな食べ方ではありますが、一度挑戦してみたいですね。

暑い日でもおいしく食べる

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう