おいしく作るコツ

牛すじの煮汁は捨てずに、つゆに入れて使うとだしがしみておいしい静岡おでんになりますよ。ただし、牛すじはあらかじめ2回ほど下ゆでしてアクを取り除くようにしてくださいね。

静岡おでんのレシピ3選

1. 子どもウケ抜群!具だくさん静岡おでん

牛すじを茹でてしっかり出汁をとったら、昆布、大根、ゆで卵、はんぺん、つみれなど、お好みの具材を準備して、鍋に入れます。厚揚げやごぼう巻きは油抜きしましょう。しょう油、みりん、酒で味付けをし、煮込むだけ! お子様にはウィンナーを入れても旨みがプラスされてよいですね。具材に味がしみたら、青のり、削り粉をかけていただきましょう。

2. めんつゆで!味がしみしみ静岡おでん

牛すじからだしを取るのも面倒。もっと簡単に静岡風おでんを楽しめないのか……という方には、ぜひともめんつゆを使って静岡おでんを作ってみてください。めんつゆだけでも十分に、具材に味が染み込んでおいしく味わえますよ。

3. とっても簡単!炊飯器で作る静岡おでん

もっと時短を極めたいのであれば、鍋を使わずに炊飯器を使う方法もあります。大根や牛すじはあらかじめ下ゆでをしておき、あとはつゆ・具材を炊飯器に入れてスイッチを入れるだけ!これなら、あとは完成するのを待つだけなので忙しい主婦さんにもうれしいですね。牛すじもホロっとやわらかく仕上がるので、ぜひ試してみてください!

静岡おでんを食べてみよう

いかがでしたか。初めて見た時に、真っ黒な出汁に驚きを隠せなかった方も、次第に食べてみたくなってきたのではないでしょうか。一般的なおでんとは異なり、だし粉と青のりをかけて食べる、黒いつゆの静岡おでん。 どのようなお味なのかとっても気になりますよね。近くに静岡おでんを提供しているお店があったら、ぜひ出かけてみてくださいね。もちろん、ご自宅でも静岡おでん作りに挑戦してみてください。牛すじ、濃口しょう油を手に入れたら、静岡おでんを作りましょう!
▼都内ならこちらで食べられます!

編集部のおすすめ