【基本】材料3つの「牛乳寒天」レシピ。固まらないときの対処法とは?

優しい味わいで、どこか懐かしい「牛乳寒天」。今回は、そんな牛乳寒天の基本レシピを、材料3つの簡単な作り方でご紹介します!そのほか、粉寒天、棒寒天、ゼラチンで作る人気のアレンジレシピもまとめているので、あなたも試してみませんか?

寒天の特徴と使い方をおさらい!

ひとことで寒天と言っても、寒天にはさまざまな種類があります。今回は、なかでも代表的な粉寒天と棒寒天をご紹介。まずはそれぞれの特徴をおさらいしましょう。

粉寒天

粉寒天はパウダー状になっており、とても使いやすいのが特徴です。粉寒天は計量もしやすいので、少量を使いたいときなどにも重宝しますよ。特に下準備は必要なく、固めたいものに入れて加熱し、ゆっくり溶かしながら使用します。

棒寒天

棒寒天はパウダーにする前の寒天です。四角い棒状の寒天で、事前に水に浸けておき、よくやわらかくしておく必要があります。使用する際にはしっかりと煮溶かすことも重要です。たくさんの寒天料理を作るときなどは、棒寒天を用いるほうがいいでしょう。

粉寒天で作る「牛乳寒天」の基本レシピ

フルーツや生クリームがたっぷりトッピングされた牛乳寒天

Photo by macaroni

材料(4人分)228kcal/人

・牛乳……1000cc
・粉寒天……6g
・砂糖……60g

トッピング

・ホイップクリーム……適量
・フルーツ……適量
※トッピングはカロリー計算に含まれていません。

下準備

牛乳パックは、中を洗って乾かしておきます。

作り方

1. 牛乳、砂糖、粉寒天を鍋に入れ、混ぜながら火にかけます。沸騰して3分経ったら火を止め、粗熱を取ります。

2. 1を牛乳パックに移し、口を閉じて冷蔵庫で2時間冷やします。

3. 牛乳パックの上部を開いてプリンを皿に取り出し、お好みでホイップクリームやフルーツをトッピングして完成です。

固まらないときの原因と対処法

牛乳を冷たいまま使ってしまう

特集

SPECIAL CONTENTS