4. 上にも中にもフルーツたっぷり。牛乳寒天ケーキ

牛乳寒天でケーキもできちゃいますよ。透明な寒天と牛乳寒天を作り、フルーツを敷いたところに透明な寒天を流し入れ、固まったらフルーツの入った牛乳寒天を上から流し入れます。こうして作ると見た目も良くて中にもフルーツがたっぷり。カラフルなフルーツを数種類使うと、グッと華やかになりますよ。

【フルーツ以外】牛乳寒天の人気レシピ4選

5. シンプルなおいしさ。はちみつミルク寒天

はちみつのコクある甘みがおいしい、はちみつミルク寒天です。シンプルにこのまま食べてもいいし、さらにはちみつをかけたりフルーツを組み合わせたりと、お好きなアレンジで試してみてくださいね。

6. 断面がユニーク。コーヒー牛乳寒天

こちらは、コーヒー寒天を切って牛乳寒天の中に入れて固めて作られています。コーヒー寒天も牛乳入りとなしの2種類を作って、小さく切って入れていますが、断面がユニークでおもしろいですね。コーヒーのほろ苦さとミルキーな味わいがマッチします。コーヒーゼリーとはひと味違う味わいです。

7. ジュースで作る、カラフル牛乳かん

こちらはコーヒーではなくジュースの寒天を中に入れた、カラフル牛乳かんです。色のきれいなフルーツのジュースを数種類使うと、色とりどりに仕上がりますよ。四角い型がなくても、牛乳パックがあればOK。フルーツがなくても作れるので、お子さまと作ってみてはいかがでしょうか。

8. 市販のぜんざいを使えば簡単♪ 抹茶小倉寒天

こちらの2色の抹茶小倉寒天は、抹茶入りの牛乳寒天と小倉寒天でできています。しかも小倉寒天は市販のぜんざいを使っているので、とても簡単に作れますよ。抹茶入りの牛乳寒天が完全に固まってしまわないうちに小倉寒天を流し入れることで、ふたつの層がはがれずに仕上がります。

牛乳寒天が固まらないときの原因と対処法

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ