パスタソース「アマトリチャーナ」とは?アラビアータとの違いや作り方も!

パスタソースにはさまざまな種類がありますが、今回は「アマトリチャーナ」についてご紹介。名前は聞いたことのある気がするアマトリチャーナとは、一体どのようなパスタソースなのでしょうか。名前の意味や、アラビアータとの違いもまとめてみました。

2018年12月4日 更新

トマトの有無で呼び方が変わる

アマトリチャーナは、トマトの有無によって呼び方が変わります。トマトが入っている場合には「アマトリチャーナ・ロッサ」、トマトが入っていないものを「アマトリチャーナ・イン・ビアンコ」や「グリーチャ」などと呼びます。

これを覚えておくと、豆知識として披露できそうですね!

アマトリチャーナとアラビアータの違い

アマトリチャーナに似たパスタに、「アラビアータ」があります。どちらもトマトベースのパスタで、材料も似ている……これらの違いは、一体どのようなところにあるのでしょうか?答えは、味わいにあります。

違いは、辛いか辛くないか

アラビアータとアマトリチャーナの最大の違いは、辛さです。

アラビアータは辛味をきかせて、ピリッとした味わいに仕上げるパスタ料理。アラビアータを注文すると、唐辛子の入ったトマトベースのパスタが運ばれてきます。「辛さ」という刺激が、癖になる一品です。

一方アマトリチャーナは、必ずしも辛味をきかせるわけではありません。イタリアの家庭によっては、辛さは一切入れずに作ることも。アマトリチャーナはもともと家庭料理として広まったので、優しい味わいなのかもしれませんね。

アマトリチャーナの作り方

アマトリチャーナに関する知識を深めたところで、具体的な作り方をご紹介しましょう。辛さを加えても「アマトリチャーナ」と呼ばれる場合がありますが、今回は辛さを入れないレシピです。

パスタを茹でている間に、玉ねぎとパンチェッタ、イタリアンパセリ、にんにくを下ごしらえをしておきます。パスタが茹で上がったら、熱したフライパンでにんにく、パンチェッタ、玉ねぎを炒めます。トマトソースを加えて塩で味を調えたら、茹でたパスタと和え、パセリを散らして完成です。

ポイントは、塩の量。パンチェッタに塩分があるので、味付けに使用する塩は少量で構いません。また、トマトソースは冷凍保存が可能です。たくさん作って冷凍すれば、食べたいときにパパッと作れますよ。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう