ライター : Ryogo

料理ブロガー

掲載パスタレシピ数500以上のブログ「BINANPASTA」を運営しています。そのほかのSNSでも料理に関することを日々発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! Instagram→@binanp…もっとみる

手間なく少ない材料で!万能トマトソースの作り方

Photo by Ryogo

こんにちは、Ryogoです。

今日は、作り置きしておくと便利な万能トマトソースと、そのソースの活用法を3つ紹介します。

この記事でお教えするトマトソースの特徴は、とてつもなく簡単なこと。ごくわずかな材料で作れていろいろな料理に使える絶品ソース、とってもおすすめです。

まずは動画で、ソースの作り方の流れと3つの活用レシピを確認してください。
動画を見るだけでもおいしく作れると思いますが、これから説明するいくつかのポイントを頭に入れておけば、よりスムーズにおいしいソースに仕上げることができますよ。

ポイント1:ホールトマト缶で旨みのあるソースに

Photo by Ryogo

このレシピでは、加熱によって旨さを引き出しやすいホールタイプのトマト缶を使用します。

手で潰し、固いヘタの部分を取り除く。これがなめらかなソースに仕上げるための大事なポイントです。

Photo by Ryogo

にんにくはみじん切りにして、オリーブオイル(たっぷり)と一緒にゆっくり加熱します。急がずあわてず時間をかけて、しっかりとオイルに香りを移しましょう。

ポイント2:にんにくの色の変わりはじめを見逃さない!

Photo by Ryogo

にんにくの色が変わりはじめたところで一度火を止め、トマト缶の中身を入れます。

色が変わりはじめたタイミングで火を止める。ここが大事なポイント。

にんにくの色が完全に変わってしまってからでは遅いんです。余熱でどんどん火が入って、焦がしてしまう可能性が高くなります。落ち着いて作業を進めるためにも、このタイミングはぜひしっかり意識してください。

Photo by Ryogo

これは余談ですが、ソースを煮詰めているとトマトがよく跳ねます。僕の場合、油跳ねガードをかぶせるようにしているのですが、これだけで調理後の後始末がだいぶ楽になるのでおすすめです。

30分ほど弱火で煮詰め、塩、砂糖で味を整えれば、万能トマトソースの完成です。
詳しい分量やテキストのレシピは下記ボタンから確認できるので、今回ご紹介したポイントを振り返りながらチャレンジしてくださいね!

活用アイデア 1:シンプルトマトソースパスタ

Photo by Ryogo

完成したソースはトマト缶1缶で約3人分。

1つめの活用レシピはゆでたパスタにトマトソースをのせるだけのシンプルな食べ方です。

オリーブオイルやチーズをトッピングして召し上がれ。

活用アイデア 2:鯖缶×トマトソースパスタ

Photo by Ryogo

2つめの活用方法は、鯖缶との組み合わせ。以前macaroniでご紹介した鯖缶トマトパスタのアレンジレシピです。

Photo by Ryogo

鯖缶とトマトソースを合わせ、ゆで上がったパスタと和えるだけ。とっても簡単です。

万能トマトソースを使うことで、誰でも手軽に作り込んだような味わいのひと皿に仕上げることができちゃいます。

活用アイデア3:玉ねぎ×バジル×トマトソースパスタ

Photo by Ryogo

最後は、玉ねぎとバジルを合わせたサルサ・ポモドーロ。

玉ねぎを透明になるまで炒めたら、トマトソースとバジルを合わせるだけと、こちらもとっても簡単です。

特集

FEATURE CONTENTS