2. あおる必要はなし!

プロの料理人は、チャーハンを作るときに中華鍋をあおっているイメージがありますよね。これは中華料理店の火力では、あおらないと焦げてしまうためです。ご家庭の火力では、あおる必要はありません。フライパンの温度が下がってしまうので、かえってパラパラになりにくくなります。

3. 冷やご飯、冷凍ご飯を使う場合

冷やごはんや冷凍ごはんを使用する場合は、ラップをせずにレンジで加熱してから強火でさっと炒め合わせましょう。フライパンに入れる前にしっかりと温めておかないと、ところどころ塊になってしまいます。

macaroniが考案する人気のチャーハンレシピ5選

1. パラパラしゃきしゃき!レタスチャーハン

Photo by macaroni

水分を多く含む野菜を具材にすると、ベチャッとした仕上がりになってしまうことが多いですよね。レタスチャーハンを作るときは、最後の仕上げにレタスを加えることがポイント。水分が出る暇を与えず、シャキシャキっとなりますよ。

2. 焦がし醤油の和風厚揚げチャーハン

Photo by macaroni

厚揚げを具材に使った焦がし醤油の和風チャーハンです。厚揚げはしっかりと炒めることで、カリカリもっちりな食感に仕上がります。焦がし醤油だけでなくオイスターソースも加えて、香ばしく作りましょう。

3. 旨み大根チャーハン

Photo by macaroni

チャーハンの具材に大根を使うというのは、結構珍しいアイデアではないでしょうか。お肉や調味料の味わいを吸って、噛むたびにジュワッと旨みが感じられますよ。大根は細かくしすぎず、1cm角ほどの大きさにカットすると食感が楽しめます。

4. 肉あんかけチャーハン

Photo by macaroni

「とにかくがっつり食べたい!」という方は、こちらのレシピがおすすめです。豚バラ肉をごろごろ使ったあんかけで、旨みも食べ応えも桁違いですよ!食べ盛りのお子様や、たくさん食べる旦那様のために、おかわりの分も作っておいたほうがいいかもしれませんね♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS