アイスの賞味期限が謎すぎる!10年前のものでも食べてOK!?

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保存方法のアレコレをご紹介!

アイスの賞味期限っていつまで?

暑い季節はことさらおいしいアイス。お風呂あがりに食べる冷たいアイスクリームは、格別ですよね。大好きなアイスを買いだめして、たくさん冷凍庫に入れておくという方もいるでしょう。

そんなアイス好きの方は、たくさん買っておいたアイスの賞味期限について気にしたことはありますか?いつ買ったかもう忘れてしまったアイスでも未開封なら食べても大丈夫なのか?霜がついたアイスは腐ってるの?アイスの保存期間や保存方法、腐るかどうかなど、気になるアイスについてご紹介します。

10年経ったアイスも食べられる!

極端なことを言えば、温度管理を適切に行って保存したアイスは、10年前のアイスも食べられるのです!

実はアイスには賞味期限はありません。冷凍庫で保存するアイスは、-18℃以下という温度管理をきちんと行えば菌の繁殖が抑えられるため、しっかり冷凍保存されたアイスは品質の劣化が低く長期間保存が可能です。そのため、賞味期限を表示しなくてもよいとされています。

10年前のアイスでも大丈夫とはいいますが、もし長い期間保存したアイスの場合には、見た目や匂いなど食べる前には注意をしてくださいね。

なぜ腐らないの?

しかし、なぜアイスは腐らないのでしょうか?

一般家庭用の冷凍庫は開閉の回数が多かったり、食品の詰め込み過ぎによる温度変化が原因になったりと、アイスも劣化してしまうこともありますが、冷凍保存したアイスには微生物の増殖がほとんどなく、品質的劣化は極めて低いと言えます。通常の家庭用冷凍庫で保存すれば長期間保存していても腐るということはないんですよ。

長く保存することで風味は落ちてしまいますが、基本的には長く保存したアイスを食べても健康上に問題はないそうです。

未開封アイスの保存方法

おいしく食べたいなら1ヶ月を目安に

家庭用冷凍庫では-20℃前後に設定されていますが、食品の詰め込みや扉の開閉の頻度で庫内の温度は変化してしまいます。夏場は室内の気温も高いため、頻繁に冷凍庫を開閉すると温度は上がりやすくなります。

アイスは基本的に賞味期限はなく、風味を気にしないのであれば長期保存も可能ですが、風味を損なわず、おいしく食べたいのであれば1ケ月を目安に食べきった方がよいでしょう。

1度溶けてしまったアイスも大丈夫?

溶けてしまったアイスをもう一度凍らせて食べてみたことはありますか?

一度溶けてしまったアイスは再度冷凍すると、色が変化し表面にシャリシャリとした氷の結晶ができます。健康を害するような体への影響はありませんが、風味やコク、なめらかさは失われてしまいますので、買ってきた時の状態には戻せません。

開封済みのアイスの保存期間

大きなカップに入ったアイスは一度に食べきれなくて、残りを冷凍庫に保存する人も多いのではないでしょうか。開封前のアイスは長期保存できることが分かりましたが、一度開封したアイスも長く保存できるのでしょうか。

風味が落ちやすくなる

開封してしまったアイスは空気に触れ、中のアイスが多少溶けてしまいます。温度が変化したアイスのパッケージの周りには霜が付き、庫内で水分が蒸発し冷凍やけを起こしてしまいます。このため、保存期間が長くなるほど、風味は確実に落ちていきます。

また、開封して状態でアイスを冷凍庫に入れていると、庫内のにおいがアイスに移り、味も風味も損ないかねません。

1週間以内に食べるのがおすすめ

個々のご家庭の冷蔵庫の機能や環境にもよりますので一概には言えませんが、残してしまったアイスはなるべく早く食べるのがよいでしょう。おいしく食べるなら、1週間以内に食べきるのがおすすめです。

食べかけアイスの保存の仕方

器に盛ったアイスを、結局最後まで食べきることができない場合もありますよね。そんな場合、とりあえずラップをかけて冷凍庫に入れているという方はいませんか?次は食べかけアイスの保存方法のご紹介です。

特集

SPECIAL CONTENTS