冷凍庫の温度が下がらない!家庭用の正しい温度ってどのくらい?

皆さんは、毎日使っている冷凍庫のこと、ちゃんと知ってますか?温度や収納法とか。冷凍庫の正しい使い方を知るだけで、食材の鮮度が保たれ、毎日の食卓がより一層おいしく大変身!今回は、そんな冷凍庫について、温度や収納法などを解説します!

家の冷凍庫の温度って、そもそも何度?

皆さんは、ご自宅の冷凍庫が何度に設定されているか、ご存じですか?冷凍食品の保存方法に何と記載されているか、思い出せますか?

冷凍庫の温度なんて知らない……と思っている方も多いと思いますが、正解は「-18℃以下」。冷凍庫って結構寒いんですね。

なお、一般的な家庭用冷蔵庫の場合、以下のような温度設定になっている場合が多いのだそうです。

冷蔵室……約3℃
チルド室…約0℃
野菜室…約6℃


冷蔵とひと口に言っても温度帯が分かれているんですね。そこで、今回は毎日の生活に欠かせない冷凍庫について、温度設定や収納のコツなどをご紹介します。

家庭用冷凍庫の温度は−18度に設定

実を言うと、日本の家庭用冷蔵庫の冷凍室の温度は、JIS規格により-18℃以下と決められています(JIS規格とは日本工業規格といって日本の国家標準のひとつです)。

では、なぜこの基準なのでしょうか?

それは、食品の安全の観点から微生物が増殖できない温度が、この「-18℃以下」だからです。よく冷凍食品で保存料・添加物不使用とありますが、あれはそもそも常温や冷蔵の温度帯と違って微生物が増殖できないからなんですね。

なお、のちにご説明しますが家庭用冷凍庫はもともと、市販の冷凍食品やアイスクリームなどすでに凍っているものを保存するのには適しています。常温や冷蔵の食品を凍結する場合には、この温度では緩慢凍結になってしまうので、使い方にはご注意くださいね。

ちなみに業務用はいったい何度?

業務用冷凍庫の場合は、家庭用とはまた条件が異なります。業務用冷凍庫は、一般的に家庭の冷凍庫よりも低い温度で設定されており、-20℃~-30℃が平均とされています。

ただし、鮮度が命のマグロなどを保管する冷凍庫は-60℃という超低温の冷凍庫もあるそうですよ。どれだけ差があるのか、少し気になりますね。

冷凍庫の温度が下がらない時は!

冷凍してあったお肉が柔らかい、アイスが溶ける、氷がなかなかできないなど、冷凍庫の温度が下がらないことがありますよね。コンセントも抜けていないし、冷蔵室はちゃんと動いている。そんな時は故障を疑う前に、次のことに注意してみてください。

ドアの開閉に気をつける

簡単なことですが、これが一番大きな原因になっている場合が多々あります。

扉を頻繁に開閉すると外気(あたたかい空気)を吸い込むため、一時的に庫内の温度が上がります。夏、熱いからと冷凍庫の冷気で涼んだり、お子さんがアイスを取り出すのに長時間開けていると冷凍庫にはつらい状況になりますね。開閉時間はなるべく最小限にとどめるようにしましょう。

冷凍庫の配置

そもそも冷凍庫の中にはガスが回る管があって、そのガスが冷凍庫内を冷やしています。そしてそのガスが気化するときに気化熱が発生するのですが、冷凍庫壁にぴったりくっついてるなど、放熱できていない場合は冷凍庫内を冷やすことができません。

業者さんが冷蔵庫を設置するときには、実はすべての壁から5cm以上離して設置してくれています。自分で設置したり、動かしてしまったりしていないか確かめて、壁から離して置きましょう。

ドアパッキンの点検

最近の冷凍庫は、スライド式のものも多くなっています。

毎回、ドアを閉める際に、詰めすぎて食品が当たったりしていませんか?もしくは食品の包装袋が挟まったりして、隙間が開いていませんか?

これらが常態化してしまうことでドアパッキンの劣化につながり、つねに半ドアの原因となってしまいます。すると、冷気が漏れて冷えが悪くなり、温度上昇につながるので、食品がはみ出さないよう日頃から注意しましょう。

食品の詰めすぎ

共働き世帯が増えている昨今、食材は週末まとめ作りで冷凍!というご家庭も多いのではないかと思います。ですが、冷蔵庫は食材を入れすぎず、適度にスペースを確保したほうが省エネにつながります。

一方、冷凍庫の場合、かえってたくさん入れたほうが、実は節約になります。冷凍してある食品同士が保冷材の役割をして、お互いを冷やすのです。

ただし、例外があります。

最初にもお伝えした通り、常温や冷蔵の食材を冷凍させる場合(ホームフリージング)です。たくさん買ってきたからと一気に冷凍させては、冷凍庫は瞬時に温められてしまい、再び温度が下がるまでに時間がかかってしまいますよね。さらに元々冷凍庫に入っていた食材を劣化させてしまうので注意が必要です。

また最初にご紹介したように、業務用冷凍庫では家庭用よりもぐっと低温で急速冷凍させているので、ホームフリージングは業務用と同じような鮮度では冷凍できません。生の肉や魚介類など水分が多く細胞組織がしっかりしているものは、あまり家庭での冷凍には向きませんのでご注意を。

冷凍庫故障の原因は霜が大半ともいわれています。

冷凍庫に霜取り機能がついていれば大丈夫ですが、もし霜だらけになってしまったら、霜をこそげ取るか、可能であればコンセント自体を抜いて一度溶かしたほうが良いでしょう。定期的にチェックし、このような状態になる前に一度掃除してしまうのがおすすめです。

冷凍庫の電気代

普段あまり気にすることはないかもしれませんが、冷凍庫の電気代って大体どの位なのでしょうか。

冷凍庫・冷蔵庫は24時間365日稼働させている家電のひとつです。季節にもよりますが、冷凍庫・冷蔵庫は家電の中でエアコンや照明に次ぐ電力消費の多い家電なのです。ということは、冷凍庫に注意するだけでも電気代の節約になるはずですよね。

特に設定温度の低い冷凍庫の温度が上昇すると、冷やそうとするため相当の消費電力がかかります。冷凍庫に食材を入れるときは、

・「冷凍食材の詰めすぎはOK」
・「常温や冷蔵品の冷凍は少しずつ」
・「温かい食材は冷ましてから」

上記の点に注意すると温度の大きな上昇を防ぐことにつながり節約になります。また、開閉回数や開けている時間にも気を付けてみましょう。これだけでもいくらかの節約になりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS