プルアパートガーリックトースト

Photo by macaroni

お口のなかで広がるオリーブオイルとガーリックの香りは最高です!にんにくチューブを使うのでとっても簡単に作れてしまいます。朝食だけではもったいない。パスタやシチューの付け合わせにすると豪華になりますよ。 にんにくチューブと塩をしっかり混ぜたら、厚切りの食パンに塗りましょう。トースターでこんがりするまで焼いてください。ハーブソルトで作ると、ハーブの香りも際立ち、さらにおいしくいただけます。にんにくのにおいが気になる方はお好みで調整してくださいね。

ハムチーズフレンチトーストサンド

Photo by macaroni

卵液に浸した食パンにハムとチーズを重ね、サンドした食べ応え抜群のしっとりフレンチトーストサンドです。メープルシロップをかけて食べるとあまじょっぱさがやみつきになりますよ!

固くなるのを防ぐ保存方法

冷蔵庫で保存しない

冷蔵庫で保存することは、カビを生やさない対策としては有効な方法です。しかし、乾燥しやすくなり硬化を高めてしまうので実はNGです。 パンに多く入っているでんぷんとグルテン。でんぷんは、0℃~4℃の温度帯で最も劣化が進みやすくなります。この温度は家庭の冷蔵庫の温度と一緒。グルテンも、でんぷんと同じく水分が蒸発することで硬化してしまいます。しっかりと密閉しても、冷蔵庫の温度下ではあまり意味がないんですね。 サンドイッチ、惣菜パン、クリームが入っているパンなどを、一時的に保存する方法として考えましょう。賞味期限は一週間程度ですが、惣菜パンなど調理されたパンはできるだけ早めに食べましょう。

冷凍保存する

パンの柔らかさは、でんぷんによって変わることが分かりましたね。でんぷんは、0℃以下になると劣化が緩やかになります。このため上手に冷凍保存することで、おいしさを保ちながら長期保存が可能になります。 ・食パン 一斤まるごと冷凍するのではなく、1枚ずつラップに包んで保存 ・フランスパン 食べるサイズにスライスし、ラップに包んで保存 ・バターロールなどの小さいパン 1つずつラップに包んで保存 フリージングバッグに入れ、空気をしっかり抜くことで冷凍焼けの防止になります。冷凍保存の賞味期限は2週間ほどですが、時間の経過にはかないませんので、早めに食べきるようにしてくださいね。

ふんわり解凍する方法

パンには、かなりの水分が含まれています。その水分を逃さず焼くことがおいしさのコツ。ですので、冷凍パンは凍ったままの状態からトースターで焼きましょう。解凍してしまうと、パンの水分が逃げてしまうので凍ったままで焼くほうがおいしくいただけます。もともと固めのパンは、霧吹きなどで少し水分を足して焼くと、しっとり焼きあがりますよ。

固いパンを上手に復活・アレンジしよう

固いパンを上手に復活させるコツ、参考になりましたか?また、固いパンをアレンジして、おいしく食べる方法も覚えておきたいですよね。 それだけでなく、パンは保存方法によって風味を維持することもできます。パンの最適な保存方法は「冷凍」。食べきれない場合は、ササッと冷凍しましょう! カビの発生や乾燥による劣化を防ぐためにも、できるだけ空気に触れないように保存しましょう。パンを長くおいしく楽しむには、正しく保存することが大切ですよ◎
▼パンに関する豆知識は、こちら!

特集

FEATURE CONTENTS