ローディング中

Loading...

比較的ヘルシーで人気の高い「豆乳」。今回は、そんな豆乳で作るうどんのレシピをご紹介します。坦々風のピリ辛味から、ほっこりといただける和風のレシピまでいろんなアレンジができるので、ぜひレパートリーに追加してみてくださいね♩

まろやかおいしい「豆乳うどん」はいかが?

まろやかでコクのある「豆乳」。特徴的な口当たりで、好きだという方も多いのではないでしょうか。

今回、そんな豆乳で作るアレンジレシピは「うどん」です。豆乳をただ飲むのではなく、調味料やダシとして加え、アレンジできるレシピをいくつかまとめてみました。オールシーズン楽しめる豆乳うどん、試してみませんか?

担々麺やキムチ入りも!ピリ辛豆乳うどん5選

1.豆乳坦々うどん

坦々麺をうどんでアレンジしたレシピ。辛い物好きな人におすすめです。豆乳を加えて作るので、辛みだけではなくまろやかさも加わり、より、おいしさアップ!また、豆乳の量を調整することでスープの濃度が濃くなって深みが増すので、お好みに合わせて分量を調節してみてください。

2.坦々風肉味噌豆乳うどん

グツグツっと煮立てた豆乳に、肉味噌をたっぷり加えて仕上げていく坦々風の豆乳うどんレシピです。

甘辛く味付けしたり、ピリ辛に味付けしたり……お好みに合わせて調整が可能なので、大人から子供までおいしく召し上がれます。味に特徴つけたい時、ラー油をたっぷりめに加えてみたりしてもいいですね。
▼肉味噌うどんのレシピは、ほかにもいろいろ♩

3.甘辛豚肉の豆乳うどん

豚肉をたくさんのせて、スタミナ満点に仕上げる豆乳うどんレシピ。うどん自体つるっと軽めなので、具沢山にすることでボーリューミーになります。甘辛なお肉はクセになるおいしさなので、きっと箸が進むはず!食べ盛りの男子からガッツリ系女子まで、食べ応えがあるのでおすすめです。

4.豆乳キムチうどん

キムチうどんに豆乳を加えることでコクを出し、おいしさを引き出して仕上げたうどんレシピです。キムチの辛さが豆乳でマイルドになっているので、辛いものが苦手な方でも食べやすいですよ。夏の暑い時期に食べてもいいですね。

5.ナスと豚ひき肉のピリ辛うどん

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

米粉、10の利点!米粉のいいところまとめ&レシピ

最近、米粉を使ったレシピが見直されています。それは米粉に含まれる栄養と手軽につくれるレシピが評判だからとの事。生活の一部に米粉を取り入れてみてはいかがでしょうか。ヘルシー、クッキー、パン、ドリア、コロッケなど…

砕く、混ぜる、炊き込む! せんべい有効活用レシピまとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

銀杏? 落花生!? 変わり納豆で食卓を楽しく!

日本を代表する発酵食品、納豆。 ネバネバの成分が体にいいとかなんとか、とにかく納豆を食べていれば健康でいられる気がする。 でも、ふつうの納豆を食べ続けるのもちょっと飽きたなあ、という方に送る変わり納豆バリエ。

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

柄が変わる!本家長門屋「羊羹ファンタジア」の美しさが五度見レベル♪

「羊羹」といえば栗ようかんや小倉ようかんが定番ですが、切るたびに絵柄が変わる「羊羹ファンタジア」をご存知ですか?老舗和菓子屋の「本家長門屋」が作り出す、繊細で新しいスタイルの羊羹はSNSや口コミで大反響!さて…

「すき焼き」の基本レシピ。おすすめ具材からシメまで教えます!

関東と関西で作り方が違う「すき焼き」。今回は、関東風の作り方を中心に、おすすめの具材や人気のシメ、2日目に食べたいリメイクレシピなどを、まとめてご紹介します。この記事を読み終わるころには、あなたもすき焼きマス…

ページTOPに戻る