ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

コーンスターチとは?

レシピで見かけることも多いコーンスターチですが、実際のところ、どんなものかご存じですか? 特にお菓子作りのレシピに登場することの多いコーンスターチ。なんとなく自宅に常備しているという方もいらっしゃるでしょう。今回は、コーンスターチの役割や片栗粉との違い、代用品、さらにコーンスターチを使ったおすすめレシピまでご紹介します。

コーンスターチはどんなもの?原料は?

コーンスターチは、トウモロコシを原料とするでん粉です。白く無臭で、サラサラとした粉末状で使われます。粒子の細かい粉で、触ってみるとキュッキュッとした指にまとわりつくような感覚があります。

コーンスターチの役割

揚げ衣、焼き菓子を作るときに使います。コーンスターチは小麦粉と違い、水を混ぜてもグルテンを形成しないので、小麦粉の一部をコーンスターチに置き換えると、サクッと軽い食感に仕上げることができます。 またコーンスターチを使うことで、とろみを加える効果があります。例えば、カスタードクリームのとろみ付けに使用されているのですよ。コーンスターチはでんぷんのみでできているので、滑らかなクリームに仕上がります。

コーンスターチと片栗粉の違い

見た目にもそっくりの片栗粉ですが、明確な違いがあり、使い分けが必要な場合があります。違いを知っておくと料理の失敗もなくなるので、しっかり確認しておきましょう。

片栗粉とは

コーンスターチと同じく、片栗粉もでんぷん粉ですが、片栗粉はじゃがいもを原料としています。見た目にはほとんど違いがなく、どちらもとろみをつけるのに用いられます。 とても似ているコーンスターチと片栗粉ですが、この2つには、風味ととろみの性質に大きな違いがあります。コーンスターチはとうもろこし、片栗粉はじゃがいもからできているため、風味に違いがあるのです。とはいえ少量を使用する場合には、代用しても失敗することは少ないようですよ。 また、片栗粉は温度が下がると粘度が低下してしまうため、あんかけやかきたま汁のような温かいまま食べる料理に適しています。一方、コーンスターチは、片栗粉と比べると粘度は低いですが、温度が低くなってもとろみが持続します。そのため、食べるときに冷たくするようなカスタードクリームなどの製菓に多く使用されるのです。 とろみの色にも違いがあります。片栗粉は無色ですが、コーンスターチは不透明です。コーンスターチで片栗粉の代用をする場合は、仕上がりの違いに注意してくださいね。

カロリーの違い

コーンスターチと片栗粉のカロリーはどちらが高いのでしょうか?100gあたりのカロリーを比較すると、コーンスターチは354kcal、片栗粉は330kcalです。料理に使用するときは少量の場合が多いので、ほとんどカロリーの差は気になりませんね。
▼同じデンプン由来の「浮き粉」は同じもの?違うもの?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS