コーンスターチとは?片栗粉との違いって?代用するなら、これ!

レシピにときどき登場するコーンスターチとは、そもそもなに?片栗粉との違いや代用の方法ってご存じですか?今回は、コーンスターチについて徹底的に解説します。コーンスターチを使ったレシピも併せてご紹介するので、参考にしてください!

コーンスターチとは?

レシピで見かけることも多いコーンスターチですが、実際のところ、どんなものかご存じですか?

特にお菓子作りのレシピに登場することの多いコーンスターチ。なんとなく自宅に常備しているという方もいらっしゃるでしょう。今回は、コーンスターチの役割や片栗粉との違い、代用品、さらにコーンスターチを使ったおすすめレシピまでご紹介します。

コーンスターチはどんなもの?原料は?

コーンスターチは、トウモロコシを原料とするでん粉です。白く無臭で、サラサラとした粉末状で使われます。粒子の細かい粉で、触ってみるとキュッキュッとした指にまとわりつくような感覚があります。

コーンスターチの役割

揚げ衣、焼き菓子を作るときに使います。コーンスターチは小麦粉と違い、水を混ぜてもグルテンを形成しないので、小麦粉の一部をコーンスターチに置き換えると、サクッと軽い食感に仕上げることができます。

またコーンスターチを使うことで、とろみを加える効果があります。例えば、カスタードクリームのとろみ付けに使用されているのですよ。コーンスターチはでんぷんのみでできているので、滑らかなクリームに仕上がります。

コーンスターチと片栗粉の違い

見た目にもそっくりの片栗粉ですが、明確な違いがあり、使い分けが必要な場合があります。違いを知っておくと料理の失敗もなくなるので、しっかり確認しておきましょう。

片栗粉とは

コーンスターチと同じく、片栗粉もでんぷん粉ですが、片栗粉はじゃがいもを原料としています。見た目にはほとんど違いがなく、どちらもとろみをつけるのに用いられます。

とても似ているコーンスターチと片栗粉ですが、この2つには、風味ととろみの性質に大きな違いがあります。コーンスターチはとうもろこし、片栗粉はじゃがいもからできているため、風味に違いがあるのです。とはいえ少量を使用する場合には、代用しても失敗することは少ないようですよ。

また、片栗粉は温度が下がると粘度が低下してしまうため、あんかけやかきたま汁のような温かいまま食べる料理に適しています。一方、コーンスターチは、片栗粉と比べると粘度は低いですが、温度が低くなってもとろみが持続します。そのため、食べるときに冷たくするようなカスタードクリームなどの製菓に多く使用されるのです。

とろみの色にも違いがあります。片栗粉は無色ですが、コーンスターチは不透明です。コーンスターチで片栗粉の代用をする場合は、仕上がりの違いに注意してくださいね。

カロリーの違い

コーンスターチと片栗粉のカロリーはどちらが高いのでしょうか?100gあたりのカロリーを比較すると、コーンスターチは354kcal、片栗粉は330kcalです。料理に使用するときは少量の場合が多いので、ほとんどカロリーの差は気になりませんね。
▼同じデンプン由来の「浮き粉」は同じもの?違うもの?

コーンスターチの代用

料理のレシピを見てみると、コーンスターチが必要!でもストックがない!という場合、代用できるものがあります。用途に応じて代用できる粉は異なりますので、よく確認してから使いましょう。慌てて買いに走る前に、ぜひ参考にしてくださいね!

片栗粉で代用

少量を使うとき、とろみを付けるときなどには、片栗粉で代用できます。ただ、片栗粉のほうが粘度が高いため、代用する場合はレシピに記載されている分量より少なめにして加えるのがおすすめです。仕上がりを確認しながら加えていきましょう。

また、パン作りにコーンスターチが必要な場合にも片栗粉で代用が可能です。パン生地にチョコレートなどのクリームが折り込まれている場合、折り込み用シートにはコーンスターチが使われています。このクリームに使用されるコーンスターチは片栗粉で代用できます。

コーンスターチとの性質の違いは先ほど紹介しましたが、その性質により代用に向かない場合もあるので注意が必要です。例えば、カスタードクリームを作るときに片栗粉で代用すると、口当たりが悪くなったり、冷たくなるととろみがなくなってしまうので、避けたほうがいいでしょう。

米粉で代用

ベイクドチーズケーキを作る際、つなぎとして代用する場合に効果的なのが、米粉です。つなぎにするといっても、片栗粉を使用すると粘りが強くなりすぎてしまうので、サラッとしたつなぎができる米粉がちょうどいい働きをしてくれます。米粉がないのであれば小麦粉でも。サクッとした食感を出したいクッキー作りにもおすすめです。

小麦粉で代用

特集

SPECIAL CONTENTS