高級調味料「XO醬」とは?使い方&おすすめレシピ!

中華料理の高級調味料「XO醬」。名前は知っているけれど、ご家庭では使ったことがないという方も多いのではないでしょうか!? そこで今回は、XO醬の使い方、XO醬を使った簡単レシピなど、すぐ使ってみたくなる情報をお届けします。

XO醬の意味ってなに?

中華料理で、お粥や蒸した白身魚などの淡白な食材に味付けとして使われたり、炒め物の味付けとして使われたりする調味料「XO醬」。実は、加熱処理をせずにご飯や麺にかけるタレとして使ってもおいしい、何にでも使える万能調味料です。独特なコクは一口食べただけでもやみつきになってしまいます。

しかし、「お店では食べるけどお家では使ったことがない…」というあなた!せっかくですので、本格的な中華の味をご家庭でも再現できる「XO醬」を使いこなしてみませんか?「興味はあるけど、どのようなレシピに使ったら良いのか分からない」という方のためにも、簡単なレシピもご紹介します。

XO醬とは

1980年代後半に作られたもので、味噌風の高級合わせ調味料です。当時の中華料理界では、様々な他ジャンルの料理を組み合わせた新しい料理が作られていました。その中で、香港のペニンシュラホテルの料理人が高級な食材を惜しみなく使い、生み出した調味料がXO醬だと言われています。

「XO」という名称は、ブランデーの最高級を表すXO(=eXtra Old)という言葉から引用したもので、「醬」は合わせ調味料という意味を示します。つまり、XO醬=最高の合わせ調味料という意味を持ちます。

XO醬の味

この高級合わせ調味料であるXO醬は、どのような味をしているのでしょうか。

XO醬の原料

原料や作り方はメーカーによって異なりますが、一般的に干しエビ、干し貝柱、塩漬けの魚、唐辛子、生姜、ニンニクなどが使われています。他の調味料よりお値段がするのは、こういった高級な食材をふんだんに使っているためなんですね。

旨味×辛味

干しエビや干し貝柱、魚の旨味がギュッと詰まり、唐辛子のピリッとした辛みがきいています。ほんの少量入れるだけでも、独特なコクと辛みが生きて本格的な中華料理に早変わりしますよ。

他の醤(合わせ調味料)との違い

XO醤の他にも、同じ「醤」という名がつく調味料として豆板醤、甜麺醤、コチュジャン…などがありますよね。これらの調味は、料色々なレシピで使われているのを見ても、正直それぞれの違いが分からない……という方も多いのではないでしょうか。

しかも、どの調味料も赤くて、見た目が似ているのも紛らわしかったりしますよね。そこで、簡単にそれぞれの調味料の違いをご説明します。

豆板醤

中国四川省発祥の調味料で、そら豆と唐辛子から作られた辛めの味噌です。麻婆豆腐や担々麺などに使われ、油で炒めれば炒めるほど香りが引き立ちます

甜麺醤

砂糖を使った強い甘みが特長の味噌です。北京ダックのタレに使われることで有名です。他にも回鍋肉にも使われる定番の調味料です。

コチュジャン

韓国発祥の調味料で、大豆、餅米こうじ、唐辛子を発酵させたもの。甘辛の味でビビンパや炒め物など、韓国の家庭料理には欠かせない調味料です。
▼もっと詳しく知りたい人は!

特集

SPECIAL CONTENTS