ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

どんな味?XO醤とは

XO醤(エックスオージャン)は1980年代後半に作られたもので、味噌風味の高級合わせ調味料です。香港・ペニンシュラホテルの料理人が、高級な食材を惜しみなく使って生み出した調味料が、XO醤と言われています。実は、加熱せずに使える万能調味料なんですよ。

名前の意味

「XO」という名称は、ブランデーの最高級を表すXO(=eXtra Old)という言葉から引用したもので、「醤」は合わせ調味料という意味を示します。つまりXO醤は、"最高の合わせ調味料"という意味があるんです。

原料

原料や作り方はメーカーによって異なりますが、一般的に干しエビ、干し貝柱、塩漬けの魚、唐辛子、生姜、ニンニクなどが使われています。ほかの調味料よりお値段が張るのは、こういった高級な食材をふんだんに使っているためなんですね。

XO醤は、干しエビや干し貝柱、魚の旨味がギュッと詰まっており、唐辛子のピリッとした辛みがきいています。ほんの少量入れるだけでも、独特なコクと辛みが生きて、本格的な中華料理に早変わりしますよ。

ほかの調味料との違い

豆板醤

豆板醤(トウバンジャン)は中国四川省発祥の調味料で、そら豆と唐辛子から作られた辛めの味噌です。麻婆豆腐や担々麺などに使われることが多く、油で炒めれば炒めるほど香りが引き立ちます

特集

FEATURE CONTENTS