高級調味料「XO醤」とは?使い方&おすすめレシピ13選まで

中華料理の高級調味料「XO醤」。名前は知っているけれど、ご家庭では使ったことがないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、XO醤についての基礎知識だけでなく、使い方や活用レシピなど、すぐ使ってみたくなる情報をお届けします。

2017年6月7日 更新

どんな味?XO醤とは

XO醤(エックスオージャン)は1980年代後半に作られたもので、味噌風味の高級合わせ調味料です。香港・ペニンシュラホテルの料理人が、高級な食材を惜しみなく使って生み出した調味料が、XO醤と言われています。実は、加熱せずに使える万能調味料なんですよ。

名前の意味

「XO」という名称は、ブランデーの最高級を表すXO(=eXtra Old)という言葉から引用したもので、「醤」は合わせ調味料という意味を示します。つまりXO醤は、"最高の合わせ調味料"という意味があるんです。

原料

原料や作り方はメーカーによって異なりますが、一般的に干しエビ、干し貝柱、塩漬けの魚、唐辛子、生姜、ニンニクなどが使われています。ほかの調味料よりお値段が張るのは、こういった高級な食材をふんだんに使っているためなんですね。

XO醤は、干しエビや干し貝柱、魚の旨味がギュッと詰まっており、唐辛子のピリッとした辛みがきいています。ほんの少量入れるだけでも、独特なコクと辛みが生きて、本格的な中華料理に早変わりしますよ。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう