きゅうりの賞味期限って?こだわりの保存方法でおいしく長持ち!

きゅうりは水分量の多い野菜です。また比較的、賞味期限が短いことでも知られていますね。家にあるきゅうりを使おうと思ったら萎びていたということも多いのではないでしょうか?今回は、きゅうりの賞味期限と保存方法をご紹介していきます。

きゅうりの賞味期限

きゅうりの賞味期限は保存方法によって変わってきます。数日前に買ったきゅうりを使おうと思ったら、傷んでいたことはありませんか?保存方法を間違えると、きゅうりはたった数日で傷んでしまいます。場合によっては、1日でダメになってしまうことも。

では、きゅうりを一番長持ちさせる保存方法とは、どのような方法なのでしょうか?具体的な方法と賞味期限についてご紹介しましょう。

常温で保存した場合

きゅうりを常温で保存した場合、最も賞味期限が短くなります。また、きゅうりの常温保存は冬以外には向きません。きゅうりは水分量が多く傷みやすい野菜ですから、冬以外は常温保存を避けましょう。

ちなみに、きゅうりの常温保存は20度以下です。20度を超えると傷みが早くなってしまいますから、注意しましょう。

賞味期限

20度以下の常温で保存した場合には3日程度が目安です。

保存方法

冬場に常温保存をする場合には、風通しの良い場所を選んでください。20度を超えるときゅうりは傷みやすくなります。

また、反対に10度以下になると低温障害が起きます。極端に寒くなる場所では冷蔵庫に入れるほうが安心できるでしょう。

冷蔵庫で保存した場合

先ほどご紹介したように、冬以外の季節にきゅうりを常温保存することはおすすめしません。温度が一定に保たれやすい冷蔵庫で保存する方法をご紹介していきましょう。

賞味期限

冷蔵庫で保存したきゅうりは10日前後が賞味期限になります。

保存方法

きゅうりを保存する際は、寝かせるのではなく、立てて保存してください。きゅうりに水分が残っている場合には、水分をキッチンペーパーでふき取ります。その後、新聞紙やキッチンペーパーで1本ずつ包んだきゅうりをラップに包みましょう。

この時に注意したいのが「ヘタの部分を上にする」です。この方法で保存すると長持ちしますよ。

立てて保存するコツ

冷蔵庫の中にきゅうりを立てて保存する場合には、牛乳パックなどを使うと簡単です。牛乳パックの中にきゅうりを立てかけ、これを冷蔵庫のドアポケットや野菜室などに入れましょう。牛乳パックがなければ、マグカップやペットボトルをカットしたものでも良いでしょう。このように保存をすることで賞味期限は大きく変わりますよ。

きちんと保存をした場合には10日前後、袋に入ったきゅうりを寝かせて保存した場合は4日程度が賞味期限です。 このように大きな違いがありますから、きゅうりを無駄にしないためにも正しく保存しましょう。

冷凍庫で保存した場合

きゅうりが冷凍保存が可能なことをご存知ですか?次は、きゅうりを冷凍庫で長期保存する方法をご紹介します。

賞味期限

きゅうりは冷凍保存することで賞味期限が1ヶ月程度になります。

保存方法

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう