生でもおいしい!クレソンの食べ方&おすすめレシピ総まとめ

ピリっとした辛みと爽やかな香りが特徴のクレソン。おいしい食べ方やレシピはご存じですか?付け合わせのイメージが強いかもしれませんが、主役になる食べ方もあるんですよ!レシピもたくさん紹介していますので、ぜひ日々の料理に役立ててくださいね!

2018年12月5日 更新

2. クレソンとレーズンの白和え

ピーナツバターの香ばしい風味が味わえる一品。クレソンは軽く下茹でしたものを使用するとお子様でも辛味を感じず食べやすくなりますよ。

クレソンと木綿豆腐を適度な大きさにカットします。豆腐はキッチンペーパーで包み、電子レンジで加熱して余分な水分をとばしておきましょう。木綿豆腐をすり鉢でよく混ぜ、ピーナツバター、塩、砂糖、酒、みりんなどを加えます。最後にクレソンとレーズンを和えれば完成です。

3. クレソンのポタージュスープ

爽やかな香りのするクレソンはスープにしてもおいいですよ。

食欲のない時にも飲めそうな野菜味のポタージュスープ。浮身にお豆腐を添えて、タンパク質もとれ、腹持ちも◎。
▼ポタージュスープにもできるクレソン♩

定番のステーキ付け合わせ

クレソンにはカルシウムやカロテンが含まれており、その他、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富です。お肉を食べることが多い方は不足しがちな栄養素をクレソンで補うのもよいかもしれませんね。

苦味や辛味が苦手な方は、ステーキソースを合わせるか、お肉と一緒に食べるとよいでしょう。クレソンの苦味や辛味は肉の脂っぽさを緩和してくれるので、ステーキと一緒に食べることで後味もすっきりするはずです。

クレソンを様々な料理に使ってみよう

クレソンの食べ方についていかがでしたか?今まで付け合わせにクレソンがあっても、あまり食べなかった方は、よかったら今回の内容を参考にクレソンを料理してみてくださいね。

クレソンはサラダはもちろん、洋食にも和食にもアレンジしやすい食材。苦味や辛味があっても料理しやすい野菜ですので、お好みの食材と合わせて楽しんでみましょう。ビタミン、カロテンなどの栄養も含んでいますから、生で食べるのは、もちろんおすすめです。
▼苦い!なのにやめられない!クレソン鍋のレシピはこちら
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう