ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

フルーツソースが具の代わりに!クレープのおすすめレシピ4選

1. ほっくり甘い。りんごとさつまいものクレープ

りんごとさつまいもを加熱。クレープ生地に包んで食べる、シンプルなひと品です。シャキシャキとほっくりの、食感のギャップがクセになります。どちらもやさしい甘味がある食材ですが、ちょっとずつ違うのでそのコントラストも楽しんでください。

2. ほどよい酸味。オレンジソースのクレープ

ほどよい酸味がおいしいオレンジをソースに使うクレープ。生のオレンジを使うので、ジューシーな味わいとフルーティな香りが楽しめます。コアントローを加えると、オレンジのよさがより引き立ちますよ。市販の果汁100%オレンジジュースで、代用可能です。

3. ひたひた。シュゼット風クレープいちごソース

シュゼットとは、クレープの皮をソースで煮るレシピ。ソースをかけるだけよりも、ソースを堪能できる作り方です。生のいちごをたっぷり使うため、独特の甘酸っぱい味を心ゆくまで楽しめますよ。冷たくしても、温かくしてもおいしいので、お好みでお試しください。

4. 口の中がトロピカル!パイナップルソースのクレープ

トロピカルフルーツ「パイナップル」も、クレープとの相性抜群。パイナップル自体に甘味があるため、砂糖の量は減らすことが可能です。いちごやオレンジとは違い、少しだけピリッとした刺激が感じられるパイナップル。バニラエッセンスを加えて、やさしい味に仕上げましょう。

野菜を具にして!クレープのおすすめレシピ5選

5. 食べやすい。ブロッコリーのクレープ

ブロッコリーは、苦手にする子供が多い野菜。どうやって食べさせようか、日々思案している人もいますよね。細かく刻んで生地に練り込めば、子供たちも食べやすくなりますよ。チーズをプラスすのもおすすめ。朝ごはんやおやつに作って、ブロッコリーを食べてもらいましょう。

6. まろやかでおいしい。アボカドのクレープ

パンにごはんにサラダに、何にでも合わせられるアボカド。タルタルソースで和えてクレープに包むと、お食事系クレープの具に変身。クレープ生地は黒ごまと豆乳で和風味に。一緒にスモークサーモンを包むと、食感も味わいも豊かになります。おもてなしにもおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ