ライター : ゆきぽん

料理ブロガー

ブログ「ゆきの家飲み料理」を運営しています。お酒好きのカフェ店員が作る、カフェめしを紹介。ワインや日本酒、クラフトビールに合うおつまみやスイーツなど、日々作ったレシピを紹介…もっとみる

簡単おしゃれ!クレープの巻き方5種類を紹介

Photo by ゆきぽん

クレープにはさまざまな巻き方があり、巻き方によって雰囲気がぐんと変わります。クレープの基本の巻き方をマスターすれば、普段のおやつはもちろん、パーティーやおもてなしなどいろいろなシーンで役立ちますよ。

基本の巻き方をマスターして、お好みの具材で豪華なクレープを作りましょう!

1. 食べやすい。クレープ屋さん風の巻き方

Photo by ゆきぽん

むずかしそうに見えますが、折って転がすだけで簡単に巻けます。クリームや具材の量や置き方のポイントを押さえれば、上手に作れますよ。

円すい型の巻き方は具材がもれにくく、食べやすいのが特徴。さらに、クレープを包み紙で巻くと、安定してより食べやすくなります。家で具材たっぷりの本格的なクレープを楽しみたい方におすすめです。

巻き方・包み方

Photo by ゆきぽん

1. クレープ生地の半円にホイップクリームと具材を三角にのせます。さらに、三角にのせたホイップクリームの右側の円上部にホイップクリームを半円手前まで1本絞り、具材をのせます。

2. クレープ生地を1cmほど下にずらして半分に折ります。

3. ホイップクリームと具材の境目を軽く押さえ、右側に転がして巻きます。

Photo by ゆきぽん

4. ワックスペーパーの左上の角にクレープを斜めに置きます。角よりも2cmほど上に置くと食べやすいです。

5. 左下の角を持って、ワックスペーパーでクレープを覆います。円柱に沿って下まで折り目をつけます。

6. 境目を軽く抑えて右側に転がして巻き、下部を数cm折って完成です。

コツ・ポイント

クリームや具材は上に高さが出るように盛り付けると中心にボリュームがでて、花束のようにきれいな見た目に。

クレープを包は紙で巻くと、より食べやすくなります。包み紙は100均で販売しているワックスペーパーがおすすめです。カット済みのものを選ぶと、すぐ使えて便利ですよ。

包み紙はクッキングペーパーでも代用OK。ワックスペーパーに比べて耐久性が弱いので、2枚重ねにして使ってくださいね。

2. お皿にのせて上品に。三角に折る巻き方

Photo by ゆきぽん

ジャムやソース、クリームだけなど巻く具材が少ないときにおすすめの巻き方です。お皿に盛り付けてソースやフルーツ、アイスクリームなどで豪華に仕上げるのがおすすめ。

レストランのデザートのような上品な見た目のクレープで、休日の朝食やブランチいかがでしょうか。

巻き方・包み方

Photo by ゆきぽん

1. クレープ生地の半円にホイップクリームを三角に絞る

2. クレープ生地を1cmほど下にずらして半分に折る

3. ホイップクリームと具材の境目を軽く押さえ、三角に沿って2回折る
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ