30. 茎わさび巻

別名「涙まき」とも言われるのが「茎わさび巻」です。文字通り生の茎わさびを細巻きにしたもので、このメニューを出すお店は、そう多くはありません。 お店によっては、すりおろしたわさび、刻んだ茎の部分、葉の部分と3種類のわさびを使います。一度はお試しを。

おいしい旬のネタを選んで味わいましょう!

寿司ネタにはさまざまな種類がありますが、なかには珍しいネタや、季節によって旬が変わり、脂ののり方も変わります。お店の方に、旬の時期を迎えたおすすめのネタをたずねるとよいでしょう。 漁獲量や政治的な規制などで、将来は食べられなくなるネタも出てくるかもしれません。安く食べられるうちに、海の恵みを堪能しておきましょう。
▼お寿司に関する気になる話題はこちらでも
Photos:4枚
白身を箸で持っている様子
笹の葉にのった光り物のお刺身
積まれたホタテの刺身
お皿にのったいくらの軍艦
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS