台湾スイーツ「豆花(トウファ)」の基本&簡単アレンジレシピまとめ

台湾のスイーツ「豆花(トウファ)」。日本でも注目を浴びる人気のスイーツです。豆乳のやさしい風味とトロッとした食感に、クセになる方が多いのだとか。この記事ではお家で作れる簡単レシピと、トッピングやソースを工夫したアレンジメニューをご紹介します。

2019年6月27日 更新

ライター : mikki_no

3児の子育てに追われながら日々アンテナを張りめぐらせ中。“新しいこと・もの”を追いかけるのが趣味。

台湾スイーツ「豆花(トウファ)」とは?

「豆花」という食べ物をご存知ですか? 豆乳を使った台湾の人気スイーツで、日本でも話題になっているんです。読み方は、「トウファ」「ドウファ」「ドウホワ」などと読みます。海外の言葉を日本語読みにするのは、やはりむずかしいですね。 シロップやフルーツをトッピングして食べる豆花、トロッとした食感で杏仁豆腐に少し似ていますが、どこに違いがあるのでしょうか?

豆腐や杏仁豆腐との違い

杏仁豆腐は、あんずからとれる種を粉砕し牛乳などと一緒に固めたもの。豆腐はご存知の通り、豆乳ににがりを加えて固めますよね。 一方の豆花は、豆乳に「石膏」を加えて凝固させていて、豆腐よりも少しやわらかい食感が特徴的。本場の台湾ではこの方法が主流のようですが、ご家庭で作るときはゼラチンや寒天などを使って簡単に凝固させる方法がおすすめです。

本場の食べ方

豆花は地方によって食べ方が違います。華南地方、香港、台湾では甘い味付けやトッピングで食べ、中国北部では塩辛い食べ方、中国西南地方では辛い食べ方をするようです。同じ「豆花」でも、旅行に行った先で食べ方が違うというのは興味深いものがありますね。

材料は3つ!簡単「豆花」の基本の作り方

「豆花を家で作ってみたい!」という方のために、材料3つで作れる簡単レシピをご紹介します。工程自体は10分で完了するので、手間がかかりませんよ。ぜひ挑戦してみてくださいね!
調理時間:10分 ※冷やす時間は含みません。

材料(2〜3人分)

・豆乳……500cc ・はちみつ……大さじ1と1/2杯 ・粉ゼラチン……5g

作り方

1. 耐熱容器に豆乳とはちみつを入れ、レンジ600Wで5〜6分加熱して温度を80℃にします。 2. 顆粒ゼラチンを加えてよく混ぜ合わせ、底が平らな容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で3時間以上冷やします。粉ゼラチンの使い方はパッケージの記載に従ってください。 3. 大きめのスプーンですくって器に入れ、お好みのトッピングで召し上がれ。
【レシピ提供 macaroni】

特集

FEATURE CONTENTS