豆花の風味は豆乳によって変わる

本格的な豆花を作りたい方は、無調整豆乳で作りましょう。豆乳の香りを存分に楽しめるひと品になります。また、豆乳の風味が苦手な方は調製豆乳と牛乳を半量ずつ使うと、独特の香りが少し薄まるのでおいしく食べられますよ。

寒天やアガーで作る豆花のレシピ

寒天で作るレシピ

こちらは、ゼラチンではなく寒天で固める豆花のレシピです。ゼラチンよりもほろほろっとした食感になり、あっさりと食べられます。それでも食べた感を出したい方は、豆乳だけでなく生クリームも一緒に使うと、濃厚な味わいに仕上がりますよ。

アガーで作るレシピ

代表的な凝固剤は、ゼラチンと寒天のほかにアガーが挙げられますね。もちろん、アガーを使っても豆花はおいしく作れます。グラニュー糖と水を煮詰めてシロップを作れば、シンプルな味わいでいただけますよ。

自分好みに♪ 豆花の人気アレンジレシピ5選

1. 黒蜜きなこの和風豆花

豆乳の代わりに、絹ごし豆腐と牛乳を混ぜて作った豆花。きなこや黒蜜がよく絡んで、和風ならではのやさしい甘さが口の中に広がります。豆腐はしっかり水切りをしてから使用すれば、べちゃっとなりません。

2. スパイス香る豆花

スパイスの香りたっぷりのシロップをかけていただくひと品。こちらではアニスを使用していますが、シナモンやカルダモンなどお好きなスパイスで試してみてください。豆乳を煮るときに加え、豆花に香りを移してもよいですね!

3. ピーナッツスープ入り豆花

台湾では日常的に食べられているピーナッツスープに、豆花を入れたレシピです。さっぱりとした味のスープに甘みのある豆花がマッチ。台湾の方が食べている本場の味を、お家でも再現してみませんか?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS