仕上がりを大きく左右する!おいしいパスタの茹で方の極意

ランチやディナーなどさまざまなシチュエーションで登場する「パスタ」。簡単に作れる料理のひとつですが、おいしく仕上げるには茹で方や茹で時間がポイントになってくるんですよ!今回は、そんなパスタの失敗しない茹で方の極意をご紹介します!

パスタ一人前の目安量

まず、一人分のパスタの量はどのくらいがちょうどよいのでしょうか?パスタは乾麺ですから、茹でる前と茹でた後では、かなり重さが違ってきます。一般的には、乾麺のパスタを茹でると2.5倍の量になります。つまり、乾麺パスタが100gの場合は250gになるわけです。このことから、一人分の目安は、乾麺80gが適量といえますね。

はかりがないときは…?

自宅にはかりがないと80gという目安量がわかりませんよね。そんなときは、ペットボトルがあれば解決!

洗って乾燥させたペットボトルの口に、パスタの乾麺の束を通すとその量は、ほぼ100gに。そこから少し麺を減らせば80g前後になるでしょう。もちろんペットボトルのフタでも量は同じなので、はかりが無い場合はぜひ試してみてくださいね。

基本のパスタの茹で方

材料(2人前)

パスタ(乾燥)...200g
水...2L
塩...20g

1. お湯を沸かす

深さのある大きな鍋でたっぷりのお湯を沸かしましょう。お湯が少ないと、パスタが十分にほぐれずに麺同士がくっついてしまうからです。1人前を茹でる場合1L、2人前を茹でる場合2L…となります。

2. お湯に塩を入れる

鍋に入った熱湯に塩を入れている

Photo by macaroni

おいしいパスタを作るには、お湯に入れる塩の割合が重要な鍵となります。もちろんソースに味がついていますが、パスタ自体に下味をつけることで、ソースと絡めたときに一体感が生まれます。

1人前を茹でる場合、1Lのお湯に対して1%、つまり10gの塩というのが基本となります。ですので2人前の場合は2Lのお湯に対して20gです。もちろんソースの濃度によっても塩の量を変えるのがベストですが、基本は1%と覚えておきましょう

3. 熱湯にパスタを入れる

鍋にパスタが入っている画像

Photo by macaroni

パスタが鍋からはみ出てしまうときは、固さのムラを防ぐために、パスタ全体がお湯に浸かるよう手や菜箸で押し沈めましょう。茹でているあいだ、麺同士がくっつかないように菜箸やトングで軽く混ぜるのも重要なポイントです。

4. お湯を切って料理工程へ

フライパンに茹で上がったパスタを入れている画像

Photo by macaroni

ザルなどでお湯を切り、ソースと和えるなどして料理工程に進んでください。冷製パスタの場合は、お湯を切ったら冷水にさらしましょう。

パスタの茹で時間の目安

では、茹でる時間は何分がベストなのでしょうか。メーカーによって前後することがありますが、パスタの太さによって茹で時間は異なってきます。ご紹介していきましょう。

・太さ1.2 mm……3分
・太さ1.3 mm……4分
・太さ1.4 mm……5分
・太さ1.5 mm……6分
・太さ1.6 mm……7分
・太さ1.7 mm……8分
・太さ1.8 mm……10分
・太さ1.9 mm……11分


ただし、メーカーごとの表示も合わせてご確認くださいね。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS