ローディング中

Loading...

ランチやディナーなどさまざまなシチュエーションで登場する「パスタ」。簡単に作れる料理のひとつですが、おいしく仕上げるには茹で方や茹で時間がポイントになってくるんですよ!今回は、そんなパスタの失敗しない茹で方の極意をご紹介します!

おいしいパスタは「茹で方」がポイント!

休日のランチや忙しい日の夕食に、手軽に作れる「パスタ」は重宝しますよね。簡単にできるだけでなく、ソース次第でさまざまなアレンジができるのが魅力です。

おいしいパスタを自宅で作るためには、どうすればいいのか?大切なポイントは「茹で方」と「茹で時間」にあります!今回は、パスタのおいしい茹で方と茹で時間、茹で方の応用方法をご紹介します。

パスタ一人前の目安量

まず、一人分のパスタの量はどのくらいがちょうどよいのでしょうか?パスタは乾麺ですから、茹でる前と茹でた後では、かなり重さが違ってきます。一般的には、乾麺のパスタを茹でると2.5倍の量になります。つまり、乾麺パスタが100gの場合は250gになるわけです。このことから、一人分の目安は、乾麺80gが適量といえますね。

はかりがないときは…?

自宅にはかりがないと80gという目安量がわかりませんよね。そんなときは、ペットボトルがあれば解決!

洗って乾燥させたペットボトルの口に、パスタの乾麺の束を通すとその量は、ほぼ100gに。そこから少し麺を減らせば80g前後になるでしょう。もちろんペットボトルのフタでも量は同じなので、はかりが無い場合はぜひ試してみてくださいね。

基本のパスタの茹で方

1. お湯を沸かす

深さのある大きな鍋でたっぷりのお湯を沸かしましょう。お湯が少ないと、パスタが十分にほぐれずに麺同士がくっついてしまうからです。1人前を茹でる場合1L、2人前を茹でる場合2L…となります。

2. お湯に塩を入れる

鍋に入った熱湯に塩を入れている

Photo by macaroni

おいしいパスタを作るには、お湯に入れる塩の割合が重要な鍵となります。もちろんソースに味がついていますが、パスタ自体に下味をつけることで、ソースと絡めたときに一体感が生まれます。

1人前を茹でる場合、1Lのお湯に対して1%、つまり10gの塩というのが基本となります。ですので2人前の場合は2Lのお湯に対して20gです。もちろんソースの濃度によっても塩の量を変えるのがベストですが、基本は1%と覚えておきましょう

3. 熱湯にパスタを入れる

鍋にパスタが入っている画像

Photo by macaroni

パスタが鍋からはみ出てしまうときは、固さのムラを防ぐために、パスタ全体がお湯に浸かるよう手や菜箸で押し沈めましょう。茹でているあいだ、麺同士がくっつかないように菜箸やトングで軽く混ぜるのも重要なポイントです。

4. お湯を切って料理工程へ

フライパンに茹で上がったパスタを入れている画像

Photo by macaroni

ザルなどでお湯を切り、ソースと和えるなどして料理工程に進んでください。冷製パスタの場合は、お湯を切ったら冷水にさらしましょう。

パスタの茹で時間の目安

では、茹でる時間は何分がベストなのでしょうか。メーカーによって前後することがありますが、パスタの太さによって茹で時間は異なってきます。ご紹介していきましょう。

・太さ1.2 mm……3分
・太さ1.3 mm……4分
・太さ1.4 mm……5分
・太さ1.5 mm……6分
・太さ1.6 mm……7分
・太さ1.7 mm……8分
・太さ1.8 mm……10分
・太さ1.9 mm……11分


ただし、メーカーごとの表示も合わせてご確認くださいね。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

これは便利!知っておくと役に立つキッチンの裏技!キッチンライフハック22選

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

ほんとうはアメリカ人が発明していない!アメリカンフード9選

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ジューシーな味わいが魅力の「セミノール」とは?食べ方のコツも伝授!

セミノールという果物を聞いたことがありますか?主に関西地方に出回っているので、知らない人もいるかもしれません。オレンジと違って濃厚な甘さと酸味が引き立つ、とってもジューシーな味わい。セミノールの魅力をたっぷり…

お弁当をグッとかわいく!「ひまわりウインナー」が人気上昇中

今回は、ウインナーアレンジのひとつである「ひまわりウインナー」をご紹介します。一見むずかしそうに思えますが、作り方さえ覚えれば、かなり簡単にできるんですよ!今回はそのレシピや、うずらの卵を使う方法をご紹介しま…

北千住「一歩一歩のカフェ食堂」は、素敵な空間でセットメニューが楽しめるお店

北千住の駅前にある「一歩一歩のカフェ食堂」は、常にお客さんが絶えないお店です。おいしい料理の数々をお得に楽しめることで人気だそうですよ。お子さま連れの方も多いので、ママ会にもおすすめです。ぜひ、足を運んでみて…

ページTOPに戻る