違いを実感!パスタの正しい「ゆで方」でおいしさグンとアップ

ランチやディナーなどさまざまな場面で登場する「パスタ」。簡単に作れる料理のひとつですが、ゆで方や時間がおいしく仕上げるポイントになってくるんですよ。今回は、そんなパスタの失敗しないゆで方の極意をご紹介します!

2019年6月6日 更新

まず1人前の量を正しく量ろう

パスタをおいしくゆでるには、分量を正しく量ることが大切です。まず、1人分のパスタの量はどのくらいがちょうどよいのでしょうか?パスタは乾麺ですから、ゆでる前とゆでたあとでは、かなり重さが違ってきます。一般的には、乾麺のパスタはゆでると2.5倍になります

1人前のパスタはおよそ200〜250gであるため、1人分の目安は、乾麺80〜100g程度が適量といえますね。標準は80g、多めに食べたいときは100g程度をゆでましょう。

はかりがないときは?

自宅にはかりがないと80gという目安量がわかりませんよね。そんなときは、ペットボトルがあれば解決!

洗って乾燥させたペットボトルの口に、パスタの乾麺の束を通すとその量は、ほぼ100gに。そこから少し麺を減らせば80g前後になるでしょう。もちろんペットボトルのフタでも量は同じなので、はかりがない場合はぜひ試してみてくださいね。

基本のパスタのゆで方

材料(2人前)

パスタ(乾燥)...200g
水...2L
塩...20g

※ここではわかりやすくするため、1人前を100gとしています。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう