ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

まず1人前の量を正しく量ろう

パスタをおいしくゆでるには、まず分量を正しく量ることが大切です。では、1人分のパスタの量はどのくらいがちょうどよいのでしょうか?パスタは乾麺なので、ゆでる前とゆでたあとでは、重さが異なります。一般的には、乾麺のパスタはゆでると2.5倍になります

1人前のパスタはおよそ200〜250gであるため、1人分の目安は、乾麺80〜100g程度が適量といえますね。標準は80g、多めに食べたいときは100g程度をゆでましょう。

はかりがないときは?

自宅にはかりがないと、80gという目安量がわかりませんよね。そんなときは、ペットボトルを使いましょう!

洗って乾燥させたペットボトルの口に、パスタの乾麺の束を通すとその量は、ほぼ100gに!80gをはかりたい場合は、そこから少し減らすとよいでしょう。ペットボトルのフタでも量は同じなので、はかりがない場合はぜひ試してみてくださいね。

基本のパスタのゆで方

材料(2人分)

パスタ(乾燥)...200g
水...2L
塩...20g

※ここではわかりやすくするため、1人分を100gとしています。

1. お湯を沸かす

深さのある大きな鍋でたっぷりのお湯を沸かしましょう。お湯が少ないと、パスタが十分にほぐれずに麺同士がくっついてしまうことがあるからです。1人前をゆでる場合1L、2人前をゆでる場合2L……となります。

2. お湯に塩を入れる

Photo by macaroni

おいしいパスタを作るには、お湯に入れる塩の割合が重要です。ソースに味がついていますが、パスタ自体に下味をつけることで、ソースと絡めたときに一体感が生まれますよ。

1人前をゆでる場合、1Lのお湯に対して1%、つまり10gの塩というのが基本です。(2人前の場合は2Lのお湯に対して20gです。)ソースの濃度によっても塩の量を変えるのがベストですが、基本は1%と覚えておきましょう。

編集部のおすすめ