ジューシーに仕上がる衣のつけ方

ジューシーな唐揚げを作るには粉の種類以外にもコツがあります。いずれもちょっとしたコツなので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

卵をくぐらす

なんと卵を使います!一般的には、下味をつけたお肉に粉をまぶして揚げていきますので、卵は使いません。しかし、マル秘テクとして、粉類をつける前に卵にくぐらせてみてください。卵がお肉と衣の接着剤のような役目をし、お肉の水分を閉じ込めてくれるため、ジューシーな仕上がりになります。また、冷めてもベチャッとしづらいので、お弁当にもピッタリですよ。

粉は薄くつける

粉はあまりたくさんつけずに、薄くつけるのもポイントです。たっぷり浸けると衣が厚くなりますので、まぶす程度が良いでしょう。「表面に薄くつけてカリッと揚げる」、これがポイントです。

めちゃうま!唐揚の作り方

おいしい唐揚げを作るコツをひとおり頭に入れたところで、ご紹介したマル秘テクを使ったレシピを3つご紹介します。”サクサク”、”ジューシー”、”カリカリジューシー”、とタイプ別のレシピになりますので、お好きなタイプを試してみてください。

サクサク唐揚げ

揚げたてはサクサク、冷めてもおいしいしっとりとしたタイプの唐揚げです。小麦粉:片栗粉を1:1の割合で、卵や醤油も混ぜて衣を作り、そこにお肉をくぐらせます。衣に味を入れるので、お肉の下味付けも不要です!これなら、下味をつける手間を省けるので時短にもなりますね。また、少量の油で揚げるレシピなので、お片づけも楽チン♪忙しい主婦には嬉しいレシピです。

ジューシー唐揚げ

お肉を、すりおろし生姜とニンニク、お醤油の下味につけ込んでおきます。衣は片栗粉と小麦粉のW使い。そして、卵も使用するレシピです。片栗粉を薄くまぶし、卵にくぐらせたら、小麦粉をつけてから油へ投入!約180℃の油でじっくりと揚げれば、二度揚げ不要のジューシーな唐揚げの完成です。お弁当にもピッタリです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS