ピリ辛ではかどる旨さ!「高菜」の簡単おいしいレシピ18選

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手に入ったらぜひ試してみて!

2019年10月15日 更新

生でも漬物でもいろいろ使える高菜

高菜は緑黄色野菜でアブラナ科の葉野菜。ピリッとした辛味があり、漬物の高菜漬けは有名ですよね。主に九州各地で作られている高菜は、生なら炒め物、煮物、漬物などに、高菜漬けも白いご飯に混ぜるだけでなく、チャーハンやパスタをはじめいろんな料理に使えるんですよ。そんな高菜の選び方や高菜漬けの作り方、高菜を使ったアレンジレシピをご紹介します。

高菜の選び方

漬物のイメージの強い高菜は、外側の大きな葉はやや固めですが、内側の葉は柔らかく、生のまま食べることができます。葉が厚く、艶のある高菜を選ぶのがポイントです。一方、葉がやわらかいものや間引きしてあるものは、他の葉野菜と同じように、いろいろな料理に使うことができますよ。

長期間保存する場合は塩漬けにして、密閉容器に入れて冷蔵庫や小分けして冷凍保存することもできます。塩漬けにしておけば解凍後漬物に。塩抜きすれば煮物や炒め物にも使えますよ。

生の高菜が手に入ったら。高菜漬けの作り方

高菜は株元を切り取り、1枚ずつ水洗いして水気を拭き取り、茎の硬い部分はすりこぎなどで叩きます。重ならないように広げて半日から1日ほど干します。塩をあてて葉先を揉んでから保存容器に重ねて並べ、たかの爪をのせてラップをかけます。重石をのせて1日ほど漬けて、水が上がってくれば完成です。

パパッと作りやすい!高菜チャーハンレシピ4選

1.ゴマ風味♩高菜チャーハン

ゴマ油の風味が食欲をそそる高菜チャーハンです。高菜漬けの塩加減が強い場合は、水でさっと洗ってから使ってみて。切った豚バラ肉は焼いて取り出しておきます。フライパンでゴマ油、白ネギを弱火で熱し、高菜漬けを加えて炒めたら、ご飯、豚バラ肉を入れて強火でパラパラになるまで炒めます。しょうゆと塩で味を整えてできあがり。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう