シャキッ食感を活かす!春を彩る絹さやの人気レシピ18選

今回は春の旬野菜「絹さや」のおいしい茹で方や冷凍方法、また卵とじなどの人気レシピについてたっぷりご紹介します!炒め物や、お料理の仕上げにトッピングして、彩りをプラスしたりと自由自在な絹さや。シャキシャキ食感をぜひ楽しんでくださいね!

絹さやとは

スーパーへ行くと、絹さやのほかにもスナップえんどう、大型絹さやなど同じようなものが並んでいますよね。実は「絹さや」「スナップエンドウ(米輸入品)」「大型きぬさや」「砂糖えんどう」を総称したものが「さやえんどう」で、これらはすべてマメ科の一種で莢(さや)をごと食べるのが特徴なんですよ。

絹さや(さやえんどう)の茹で方

絹さやは鮮やかな緑色をしたもので、豆があまり膨らんでいないものを選ぶようにしましょう。莢(さや)に水分がたっぷりと含まれていて、ピンと張りのあるのもがおすすめです。莢がふにゃっと柔らかいものや、表面が茶色く変色しているものは鮮度が落ちている証拠なので避けたほうがいいでしょう。

茹でる前に、絹さやの上下の先端を軽く折り、下に引くようにして両側の筋を取ります。あとは沸騰した塩水で1分ほど茹でて冷水に入れます。絹さやを一気に冷ますことで色止め効果もあり、キレイな緑色に仕上がります。

料理の工程で、さらに加熱する場合は30秒くらいを目安にサッと加熱する程度でOKです。

冷蔵・冷凍の保存方法

下茹でをする前の絹さやを保存する場合は、濡れたキッチンペーパーで包んでビニール袋に入れて冷蔵保存をしましょう。冷蔵庫に入れれば、1週間ほど保存が可能です。絹さやは乾燥に弱いですので、乾燥しないようにご注意ください。

下茹でしたものは、密封容器に入れて冷凍で2〜3ヶ月保存が可能です。2〜3個をひとまとめにしてラップで包みジップロックなどに入れておけば、お料理の彩りにちょっとだけ使いたいというときにも便利ですよ。

ただし絹さやは生のまま冷凍保存すると、色、食感ともに悪くなってしまいますので、冷凍保存をするなら下茹でをしてからにしましょう。

絹さやといえばこれ!卵とじの煮物レシピ5選

1. コスパ抜群!絹さやとモヤシの卵とじ

絹さや、もやし、卵と野菜炒めの材料のようですが、卵でとじることで優しい味のおかずに大変身!甘辛い味付けもご飯にピッタリです。もやしはあまり火を通し過ぎず、しゃっきしゃきに仕上げるのがポイントです。

2. 煮るだけ簡単!豚バラ肉とシャキシャキ絹さやの卵とじ

さやえんどうの卵とじ

Photo by macaroni

こちらは豚バラ肉を調味料で煮込んで、卵でとじたひと品です。15分で完成するという神レシピですよ!仕上げに絹さやを散らすだけで、彩りもとてもキレイ。ふわふわ、シャキシャキの食感を、ぜひ楽しんでみてくださいね♪

3. ピリッと感!絹さやのピリ辛卵とじ

こちらも絹さや、もやしを卵でとじたひと品です。味付けに豆板醤やオイスターソースを使っているので、お酒のおつまみとしてもよさそうですね。お野菜は炒め過ぎないことが、おいしく仕上げるポイントです。

4. お麩で作る!絹さやとワカメの卵とじ

もち麩とワカメの卵とじは、合わせ出汁でしっかりと下味をつけた、もち麩のやさしい食感がたまりません。卵は半熟の状態で火を止めることで、トロトロに仕上がりますよ。ワカメの風味もふんわり香る副菜レシピです。

5. ホッとする筍と絹さやの卵とじ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう