ライター : macaroni 編集部 植松

エディトリアルフォトグラファー

作り置きから主食まで!さやえんどうの大量消費に役立つレシピ

Photo by macaroni

一年を通して流通しているさやえんどう。手に入れやすい一方で、一度にたくさん使うという野菜ではなく、余ってしまうということがよくある食材でもあります。そこでおすすめしたいのが、本記事にまとめた、さやえんどうの大量消費に役立つレシピの数々。

サラダから作り置きできる副菜、ごはんに合う主菜、お酒がすすむおつまみまで、さやえんどうの人気レシピをご紹介します。

さやえんどうの下処理についてはこちら▼

1. 新玉ねぎとさやえんどうの甘辛煮

新玉ねぎが旬を迎えると作りたくなるという、さやえんどうもたっぷり使う甘辛煮。シャキシャキ、プチプチッという食感がクセになりそうな、季節感のあるひと品です。新玉ねぎは蒸し、さやえんどうはゆでる必要がありますが、食材を切って加熱するだけなので、作るのは簡単!

2. さやえんどうとブロッコリーとラディッシュのサラダ

さやえんどう、ブロッコリー、ラディッシュと、食感のまったく違う食材を合わせて作るサラダです。彩も美しく、目にも楽しいひと品。サラダチキンを加え、マヨネーズ&粒マスタードでこってりと味をつけるので、ひと口ごとの満足感は主菜級です!

3. めんつゆで簡単♪絹さやの揚げびたし

さやえんどうを使う料理のなかでも、飽きのこないものが揚げびたし。素揚げをするので少々手間はかかりますが、このレシピなら味付けはめんつゆでOKなので、手早く味がきまります。しょうがとごまの風味も良いアクセントに。

4. さつま揚げと絹さやとにんじんの炒め物

油を熱したフライパンで炒めるだけで作れる、とっても簡単な炒め物。こちらのレシピも味付けはめんつゆだけ。さつま揚げの風味が加わるので、それだけで十分な旨みを楽しめます。副菜としてはもちろん、お弁当おかずにもおすすめ!

5. たっぷり絹さやとさけフレークのマヨネーズ和え

彩りのために使うことの多いさやえんどうをサラダに!市販のさけフレークを使えば、旨みたっぷりの副菜が手軽な作業で完成します。さけフレークがないならツナ缶でもOKとのこと。その場合は、しょうゆや塩こしょうでお好みの味に調えて。

編集部のおすすめ