茹で汁も無駄にしない!ホワイトアスパラの人気レシピ16選

グリーンアスパラに比べて、食べる機会の少ないホワイトアスパラ。じつは5〜6月が旬の野菜なんです。今回は、そんなホワイトアスパラの人気レシピをご紹介!おいしい茹で方から、今すぐ作りたくなるおすすめレシピをお届けします。

旬のホワイトアスパラレシピ

アスパラガスに、グリーンアスパラホワイトアスパラがあることは、みなさんご存じですよね。

見た目も食感も違う両者の違いは、品種ではなく育て方の違いにあります。グリーンアスパラのほうは年中栽培することができて、通常の葉野菜のように日光を浴びて育てるので、葉緑素が豊富で緑色になります。ホワイトアスパラガスの旬は5月〜6月の短い期間で、芽が出る頃に土を盛り日光にあてることなく育てます。
グリーンアスパラの方は少し青臭いですが、ホワイトアスパラは食感が柔らかく甘みも感じられるため、ホワイトなら食べられるという方もいらっしゃるのでは?また、ホワイトアスパラは傷みやすいので、流通されにくく缶詰にして店頭に並ぶことが多いことも特徴です。

今回は、そんなホワイトアスパラをおいしく食べるための茹で方や、おすすめレシピを紹介していきます。

ホワイトアスパラの茹で方

1. アスパラは、固い根元1〜2cmを切り落とし、穂先の下から皮をむきます。

2. 鍋にむいた皮を入れ、少し多めの塩とレモン汁を入れて茹でます。アスパラは根元のほうが硬めなので先に茹で、時間差でほかの部分をお湯に入れましょう。

3. 5分ほど茹でて根元部分に竹串がスッと通るくらいになったら、火から下ろして鍋に入れたまましばらく冷まします。

茹でるときのポイント

1. 皮からはおいしいダシも出るので、捨てずに一緒に茹でましょう。
2. 塩とレモン汁を入れることによって、ホワイトアスパラの色合いがきれいに保たれます。色味を大切にしたい料理では、塩とレモンを忘れずに。

茹で汁には旨みが染み出ていますので、スープなどにうまく活用してみてださいね。また、太さや鮮度によって、若干茹で時間が変わります。様子を見ながら茹でるようにしましょう。

簡単!ホワイトアスパラのソース系レシピ5選

1.チーズ感がハンパないチーズクリームソース

ホワイトアスパラガスを、柔らかく茹でておきます。ほかの食材をカットしてオリーブオイルで炒めたら、生クリームとすりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノを加えます。最後に溶き卵も加えてソースを作ったら、茹でたアスパラにかけてチーズと黒胡椒をトッピングして完成♩

チーズの芳醇なコクと香りが、アスパラのほのかな甘みとよく合います。

2.本場ドイツ流で楽しむバターソース

旬のアスパラを、ドイツの伝統的な食べ方でいただくひと品です。

塩と砂糖を同量入れた湯で柔らかく茹でて取り出しておきます。フライパンで溶かしたバターに、塩を多めに加えたソースを作り、アスパラにかけて完成です。生ハムやじゃがいもを添えてもいいですね。

3.ゆで卵×バターのフランドルソース

フランスとベルギーの国境付近の土地で食べられていたことから名付けられた、フランドル風ソースのアスパラレシピです。

お好みの固さに茹でたアスパラの上に、ゆで卵のミモザを色よくのせ、その上からバターソース、マヨネーズをかけて仕上げます。家族みんなでいただけるひと品ですよ。

4.いろいろ使えるオランデーズをホワイトアスパラに

バターと卵黄とレモン汁で作るオランデーズソースが、ホワイトアスパラのおいしさをさらに引き立てます。隠し味に醤油を加えることで、食べやすくなりますよ!湯煎の温度が高いと、分離してしまうので注意してくださいね。

5.半熟卵がとろけるおいしさ♩カルボナーラソース

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう