ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

日持ちのしないアスパラガスをおいしく保存する方法

一年を通して比較的手に入りやすく、価格の変動も少ないアスパラガス。サラダや炒め物など、さまざまな料理に使える優れものです。お弁当や付け合わせなど、グリーンの彩りとしても使えてとても便利ですよね。

葉物野菜ではないし日持ちしそうと思われがちですが、アスパラガスは鮮度の落ちやすい野菜。油断していたら野菜室の中でダメになってしまった経験はありませんか?

実はアスパラガスは、野菜室での保存に不向きな野菜で、ベストな保存方法は冷凍保存なのです。今回の記事では、アスパラガスを長持ちさせる保存方法について詳しくご紹介します。

アスパラガスの冷凍方法

アスパラガスの冷凍方法はとても簡単。まず、アスパラガスを調理に使う大きさに切りかためにゆでます。よく水気を切ってからジッパー付き保存袋に平らになるように入れて、しっかりと空気を抜きましょう。それを冷凍庫で保存します。

アスパラガスは長くゆですぎると、解凍した際にやわらかくべちゃべちゃになってしまうので、かためにゆでることがおいしく保存するコツ。

アスパラガスの解凍方法

アスパラガスの解凍方法は、冷蔵庫で自然解凍がおすすめ。また、アスパラガスを調理に使う場合は冷凍のまま利用できます。凍ったまま炒めたり、ベーコンで巻いて焼いたりといろいろな料理に使えますよ。冷凍アスパラガスをサラダで使いたい場合は、冷蔵庫で自然解凍するといいでしょう。

保存期間

冷凍保存の消費期限は1か月程度です。長期保存したい場合は、冷凍がおすすめです。歯応えもそのままに、おいしく保存することができます。

ITEM

Ziploc フリーザーバッグ M

¥492

内容量:45枚

※2020年10月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

冷蔵保存が向いていない理由【最適温度ではない】

アスパラガスは鮮度の落ちやすい野菜なので、冷蔵保存はあまり向いていません。その理由は、アスパラガスの保存に最適な温度が2.5℃であるため。冷蔵庫の温度は約2℃~6℃とされていますが、家庭の冷蔵庫は開け閉めが多くなりますので、アスパラガスの最適温度をキープすることはむずかしそうです。

では、アスパラガスを冷蔵保存する際の、正しい保存方法をご紹介します。

冷蔵庫に保存するときは、まず、アスパラガスを軽く濡らしたペーパータオルや新聞紙で包みます。それをポリ袋などに入れて乾燥を防ぎ、穂先を上に立てて保存しましょう。アスパラガスを横にすると、穂先が起き上がろうとしてエネルギーを消費するため、鮮度が早く落ちてしまうので注意!牛乳パックやコップなどに立てておくとよいでしょう。

アスパラガスの保存に野菜室は向いていない

アスパラガスを冷蔵保存する際は、野菜室に入れないようにしましょう。野菜室の設定温度は、冷蔵庫の温度よりも少し高めに設定されています。野菜の保存に最適な環境とされる野菜室であっても、アスパラガスにとっては、もう少し低い温度設定の方が保存に適しています。

特集

FEATURE CONTENTS