野菜室はNG!冷凍が便利!アスパラは正しい保存方法で新鮮さをキープ

アスパラは一年を通して購入でき、様々な料理に使えますが、実は鮮度の落ちやすい野菜。でも、正しい保存方法を知れば長持ちさせることができるんですよ。今回は、アスパラをおいしく長持ちさせるための保存方法を詳しくお伝えします。

日持ちのしないアスパラを長持ちさせるには

一年を通して比較的手に入りやすく、価格の変動もあまりないアスパラ。サラダや炒め物など、様々な料理に使えて彩りも良くなる優れものです。お弁当など、グリーンの彩りとしても使える便利な野菜ですよね。

葉物野菜ではないし長持ちしそうと思いがちなのですが、実は鮮度の落ちやすいアスパラ。油断していたら野菜室の中でダメになってしまった、なんていう経験はありませんか?

実はアスパラは、野菜室での保存に不向きな野菜なのです。ということは、やはりアスパラの長期保存は無理なのか...とあきらめないでください!今回はアスパラを長持ちさせる保存方法について詳しくお伝えします!

冷蔵保存で野菜室はNG!

それではさっそく、アスパラの正しい保存方法についてご紹介していきます。

まずは冷蔵庫での正しい保存法から見てみましょう。冷蔵庫に保存するときはビニール袋などに入れて乾燥を防ぎ、穂先を上に立てて保存しましょう。横にすると穂先が起き上がろうとしてエネルギーを消費し鮮度が落ち、その結果くたっとなってしまうそうです。牛乳パックや空き瓶などを利用すると立てておくのに便利ですね。

アスパラの保存に野菜室は向いていない

冷蔵保存の際は野菜室に入れないようにしましょう。なぜならば、野菜室の温度設定はアスパラの保存最適温度と言われる2.5℃よりも少し高めに設定されている場合が多いからです。その他の野菜の保存には最適な野菜室でも、アスパラにとってはもう少し冷えているところの方が保存に適しているのですね。

冷蔵保存での保存期間

冷蔵保存での消費期限は4~5日程度です。ですが、生の状態での保存だと日に日に鮮度が落ちていってしまうので、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

長持ちさせるなら冷凍保存!

アスパラを調理に使う大きさに切ってかために茹でます。よく水気を切ってからシッパー付き保存袋に平らになるように入れてしっかりと空気を抜きます。それを冷凍庫で保存します。 茹ですぎると、解凍した際に柔らかすぎてべちゃべちゃになってしまいますので注意しましょうね。

解凍の際は、自然解凍させるか使用する前日に冷蔵庫にうつしておいて調理に使いましょう。

保存期間

冷凍保存の消費期限は1か月程度です。長期保存には冷凍が良いですね。これだとたくさん購入して使い切らなかった際もダメにさせずに保存しておけます。

ITEM

ジップロック フリーザーバッグ M

内容量:120枚

¥1345〜 ※2018年5月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

常温保存の場合はできるだけ涼しいところで!

アスパラは常温で保存すると成長してしまうため、基本的には向いていません。ですが、どうしても常温保存するしかない場合の方法をご紹介します。

アスパラを濡らしたキッチンペーパーで包み、そのうえからラップで包みます。フタつき発泡スチロール箱に穂先を上に立てて、フタを閉め密閉します。保冷剤も一緒にいれるとよいですね。直射日光をさけ、できるだけ涼しいところで保存しましょう。冷蔵庫での保存と同様に、立てるのに牛乳パックや空き瓶などを利用するとよいでしょう。

保存期間

アスパラの常温保存での消費期限は1日です。アスパラの保存に適している温度は2.5℃といわれているため、常温だとこの最適温度を超えてしまう場合が多く、その間にも成長してしまい、鮮度やおいしさが半減してしまいます。この方法で保存すれば、ある程度は保存が可能ですが、あくまでも一時しのぎの保存方法となりますので、できるだけ早く使うようにしましょう。

購入時に確認を!鮮度のよいアスパラの選び方

保存方法についてご説明いたしましたが、そもそも購入時点で鮮度が落ちてしまっているアスパラを選んでしまったら元も子もありませんね。ここからは、失敗しない鮮度のよいアスパラの選び方をご紹介いたします。

穂先がシャキッとし、穂がしまっている

特集

SPECIAL CONTENTS