アツアツを食卓へ♩焼き目がそそるグリルパンのレシピ15選

近頃話題のグリルパン。調理器具としてはもちろんですが、できあがった料理をそのままテーブルに出せて、アツアツのままおいしく食べることができます。簡単に調理できるグリルパンのおすすめレシピと、お手入れなどの使い方もご紹介します。

2019年2月20日 更新

グリルパンが大活躍するレシピを紹介

無骨な感じがするのに、どこかおしゃれなグリルパン。グリルパンは、直火でなくてもグリルができる鋳物のフライパンです。海外では古くから使われており、一流シェフなど、料理のプロも好んで使っている人が多いといわれています。

使ってみたいけれど、どんな料理ができるの?お手入れも気になる、という人も多いのではないでしょうか。おいしくておしゃれなグリルパンのレシピと、お手入れ方法もご紹介します。

グリルパンとは?フライパンとの違いは?

グリルパンとは、直火が使えない屋内などの場所でもグリル(網焼き)ができるように作られた鋳物製のフライパンのことを言います。

肉などを乗せてしばらく待ち、食材を90度ずらして焼くと、まるで直火でグリルしたような「網焼きの焼き目」がつくのが特徴です。

フライパンとの違いは?

焼き面が波形になっている点も通常のフライパンと異なりますが、最大の違いは、グリルパンの方が熱伝導と保温性に優れている点です。

熱伝導性が良いため、時間をかけてじっくり焼き上げる料理に向いています。そして波形の焼き面によって刻まれる溝に程よく脂が落ち、余分な油分をカットしてくれるのも嬉しいです。

グリルパンの使い方は?

グリルパンの特徴は、素材と凹凸にあります。素材の鋳物は、優れた熱伝導と保温性を持っているので、料理にしっかり火を入れることができます。また、底が凹凸になっているため、余分な油を落とすことができます。

そして、調理した状態でそのままテーブルに並べられ、アツアツの料理をいただくことができるのもポイントです。

使い始める前、ほとんどの製品ではシーズニングが必要です。シーズニングは、洗って油を塗って乾燥するだけなので、たいした手間はかかりません。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう