手順

1.塩を適量手のひらに取る。 2.塩のついた手で胡瓜をしっかりと揉む。 3.10~15秒くらい揉み、胡瓜から軽く水分が出てきたらOK。 4.最後に胡瓜を水で洗い流せば完了。 たったこれだけの簡単な方法なのですが、塩で揉むことにより、胡瓜から水分が出て、その出てきた水分と一緒に苦味を取り除けますよ。

2.ヘタを使う

もうひとつは、ヘタで苦味をとる方法です。塩を切らすということはあまりないかもしれませんが、とても簡単な方法として覚えておくとよいかもしれません。

手順

1.胡瓜の両端のヘタの部分をカットする。 2.切りおとしたヘタと、胡瓜本体の切り口をこすり合わせる。 3.出てきた白い泡状のものを取り除けば完了です。 この白い泡状の水分にククルビタシンが多く含まれています。胡瓜の両端で同様の工程を行います。泡状のものが出なくなるまでこすり合わせれば苦みは取れますよ。

苦味がやわらぐ胡瓜レシピ3選

生で食べるイメージの強い胡瓜ですが、火を通してもおいしくいただくことができるのです。加熱処理をすることで胡瓜の苦味を取り除くことができますので、以下のレシピを試してみてはいかがでしょうか。

1.胡瓜の味噌汁

温かいお味噌汁としてももちろんおいしくいただけますし、冷やして冷たい味噌汁にすればさっぱりと食べられて、食欲がないときにもおすすめです。 みょうがやとろろなどをプラスしてもよさそうですね。胡瓜自体はクセのない野菜のため、比較的どの野菜とも合わせやすい食材です。

2.胡瓜とじゃこの炒め物

炒めるときに胡瓜から出る水分をきちんと飛ばしておけば、お弁当の副菜として入れることもできます。生の胡瓜が青臭くて苦手な方も、こちらのものならばおいしくいただけるのではないでしょうか。 じゃこ、塩昆布、かつおの味がしっかりとついているため、ご飯にまぜて、おにぎりにしてもよいですよ。

特集

FEATURE CONTENTS