揚げないレシピも!チュロスの作り方15選、お好きなフレーバーで召し上がれ♩

チュロスを手作りするのはちょっとハードルが高いかも…そう思いがちですが、意外と簡単に作れますよ。今回は、一般的な揚げて作る方法とオーブンでできる揚げないものなど人気レシピを紹介します。カリッとおいしいチュロスをぜひご自宅で♩

2019年10月21日 更新

ライター : soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ。 好きなパンはコッペパン。 日課のお弁当作りでは、ずいぶん前からアルマイトのお弁当箱を愛用しています! 食生…もっとみる

サクサク「チュロス」の作り方を覚えよう

チュロスといえばご存知、棒状の硬いドーナツのようなお菓子です。ディズニーランド、ディズニーシーなどのテーマパークでもおなじみで、一度は食べたことのある方がほとんどではないでしょうか。 そもそもチュロスとは、スペイン発祥の揚げ菓子で、ポルトガルやモロッコなどで広く食べられているものです。本場のスペインでは、ホットチョコレートやカフェオレなどに浸しながら食べるのが一般的で朝食としてもよく食べられています。日本でおなじみのチュロスは少し違うようですね。 今回は、チュロスの基本的な作り方やアレンジチュロスレシピを紹介していきます。みなさんもまねして作ってみてくださいね。

チュロスの基本的な作り方

Photo by soleil

お家で簡単に、カリッとしたチュロスを作ってみましょう♩

材料(15本分)

小麦粉 100g 卵 1個 牛乳 130㏄ バター 20g(できれば無塩のもの) 砂糖 小さじ2 揚げ油 【仕上げ用】 グラニュー糖 適量 シナモン・ストロベリーパウダー・きな粉・ココアなど 適量

作り方

1. 鍋に牛乳、バター、砂糖を入れ、沸騰させてバターを溶かす。バターが溶けたら弱火にする。

Photo by soleil

2. ふるった小麦粉を一気に加えて、木べらなどで手早く混ぜ、粉っぽさがなくなり生地がまとまるまでよく混ぜる。

Photo by soleil

3. ボウルに移し、溶き卵を少しずつ加えてさらによく混ぜる。まぜた生地は、星型の口金をつけた搾り袋に入れる。 4. 160~170℃の油に手早く搾り入れ、5分程度返しながら揚げる。

Photo by soleil

5. きつね色になったら取り出し、熱いうちにグラニュー糖など好みのものをまぶす。

Photo by soleil

お好みのフレーバーで味わってくださいね。

ポイント

1. 硬めの生地なので、搾りだし袋はしっかりしたものを使用してください。 (ビニール製だと破けやすいので注意) 2. 搾り口は星型の口金を使用してください。 (丸型だと、揚げた時に生地が破裂する危険性があります) 3. このレシピでは薄力粉を使いましたが、強力粉で作るとカリカリした食感になります。また、薄力粉と強力粉を半量ずつ混ぜるのもおすすめ。

ホットケーキミックスで作るチュロスレシピ5選

1. ストロベリー風味チュロス

ほんのりストロベリー風味の正体はイチゴジャム。ホットケーキミックスさえあれば家にある材料で手軽に作れます。色々なジャムで味の変化を楽しむのもいいですね。また、仕上げにグラニュー糖といちごパウダーをまぶせば、より本格的な味わいになりそうです。

特集

FEATURE CONTENTS