冷凍OK!おからの保存方法のポイントと活用レシピをチェック◎

栄養豊富でヘルシーなおからは、ダイエットフードとしても注目されています。そんなおからが余った際の保存、どうしていますか?実は冷凍できるのです!今回は、生おからを冷凍する方法と冷凍したおからをおいしく食べるレシピをご紹介します。

2018年12月4日 更新

調理済みのおからは?

多めに調理したおからを冷凍保存しておくと、ひと品足りない時や弁当のおかずに入れたりできて、とても便利です。弁当用にする場合は、あらかじめ弁当に入れるシリコンカップ等に入れて冷凍しておけば、弁当箱に入れるだけで忙しい朝には助かりますね。

ただし、おからを調理する時に入れる具として、こんにゃくは控えましょう。こんにゃくは冷凍することで食感が変わってしまいます。調理済みのおからの冷凍保存の賞味期限は1週間〜2週間です。

冷凍保存する時のポイント

1. 少量ずつを小分けに

生のおからを冷凍する場合ですが、水分を多く含んでいる為にカチカチの塊になります。塊になってしまうと、冷凍庫から取り出した後に小分けするのは難しいほか、冷凍したものを冷凍庫から何度も出し入れをすることは良くありません。使う分ずつ小分けするか、菜箸で筋を入れて小分けしやすいようにしましょう。

2. 薄く平らにして

薄く平らにすることで、急速に均等に冷凍されやすくなります。味を変わりにくくさせるためにも薄く平らにした方がいいですね。

3. スペースに余裕のある冷凍庫で

スペースに余裕のない冷凍庫の場合、詰め込みすぎで冷気の出口をふさいでしまい、冷えにくくなることがあります。冷凍庫の容量に対して入れるものは70%くらいが理想のようですので注意しましょう。

また、いっぱい詰まった冷凍庫で気になるのが、臭い移りです。ラップは2重に包んで、必ずジッパー付きの保存袋にいれましょう。

要注意!解凍方法によっては危険かも

解凍する時は、自然解凍がおすすめです。ゆっくり解凍させることで、味が落ちずに生に近い状態でおからを食べることができます。時間に余裕を持ち、のんびり解凍していきましょう。

解凍の手順

1.冷凍おからを冷凍庫から冷蔵庫へ移します。
2.半日くらい冷蔵庫に置いて、その後に室内に移します。ゆっくり解凍が終わるのを待って、調理しましょう。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう