手を汚さずにエビの殻トゥルン!ZIPで紹介「冬のイライラ解消法」3選

アツアツのたこ焼きでやけどしたり、エビの殻がむけなくてイライラしたことはありませんか?『ZIP!』で紹介された冬のイライラ解消ワザを活用して、食事を快適に楽しみましょう!番組で紹介された以外の便利なワザも合わせて紹介します。

2017年1月29日 更新

ZIPで紹介!冬のイライラ解消法3選

日本テレビの情報番組『ZIP!』で、冬のイライラ解消法が紹介されました!アツアツのたこ焼きの食べ方、エビの殻を簡単にむく方法、マスクでメガネを曇らせない方法など、このワザを使えば小さな悩みも一発解決!ぜひ覚えて使ってみてくださいね。番組で紹介された以外の便利なワザも合わせて紹介します!

1. アツアツたこ焼きの食べ方

白いお皿にのったたこ焼き

Photo by でぐでぐ

焼きたてアッツアツのたこ焼きを頬張って、やけどしたことはありませんか?普通の温かい食べ物は60℃程度なのに対し、なんとたこ焼きの中身は80℃になっているんですよ!トロトロ激アツな生地が、舌にべったりはりついて今にも泣きそう……!
ふたつに割って冷ましてから食べることもできますが、目の前のおいしいたこ焼き、早く食べたいですよね。そんな時は、直接フーフーして冷ましましょう!
1. 割り箸やつまようじでたこ焼きに5ミリほど穴を開ける
箸で穴を開けたたこ焼き

Photo by でぐでぐ

2. 紙風船を膨らませるように、開けた穴から5〜6回息を吹き込む
たこ焼きに口をつけて中に息を吹き込んでいる様子

Photo by でぐでぐ

口の周りがソースとマヨネーズまみれにならないように注意!気の置けない友達や家族の前で食べるときにオススメ♩「まだ熱そう〜」と、温度を確認しているフリをしながら吹き込めば、恋人の前でも不審がられないかもしれませんね。

2. エビの殻を簡単にむく方法

灰色のお皿の上にのった茹でエビと、スプーンとフォーク

Photo by でぐでぐ

中華丼やパスタに入った殻付きのエビ、フォークやスプーンだけでむくのは難しいですよね。「手でむいてもいいのかな〜」と悩むところですが、ちょっといいお店での食事なら美しくスマートに食べたいもの。そんなときに便利なのがこのワザです。
1.エビの頭を取る
フォークとスプーンでエビの頭を取っているところ

Photo by でぐでぐ

2.エビの足をスプーンやレンゲで固定する。
スプーンでエビの足を押さえているところ

Photo by でぐでぐ

3.エビの背側から殻と身の間にフォークを差す。
エビの殻をフォークでむいているところ

Photo by でぐでぐ

殻をめくって身からはがすようにむく
エビの殻をフォークでむいているところ

Photo by でぐでぐ

4.スプーンで尻尾をおさえて、フォークで身を引き出す
フォークでエビの身を持ち上げているところ

Photo by でぐでぐ

殻をめくってから身を持ち上げると、トゥルン!と気持ち良くむけるんです!慣れれば、所要時間はたったの30秒。大切な食事のときのために、覚えておきたいですね。

3. マスクでめがねをくもらせない方法

針金を折り曲げたマスク

Photo by でぐでぐ

寒い時期は風邪対策、冬から春にかけては花粉症対策でマスクをすることが多いですよね。そんなとき、悩むのがメガネをかけている人。マスクの隙間からもれる温かい息で、メガネが曇ってしまいがちですよね。
そんなときは、鼻に当たる部分の針金を思いっきりW字に折り曲げましょう。すると、鼻から頬にかけての隙間が埋まり、息がもれなくなるのです!
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう