味や菌はどうなるの?「納豆」の冷凍保存方法と活用レシピまとめ

納豆3パックを賞味期限内に食べきれない……なんて経験ありませんか?そんなときに便利な、納豆の冷凍保存方法をご紹介します。納豆の解答方法から活用レシピなどまとめて解説していきますよ!納豆を賢く冷凍保存して、食卓に取り入れましょう。

2017年9月23日 更新

ネバネバ納豆も冷凍保存可能!

日々の食卓にも並ぶことが多い納豆。栄養価が高いことはもちろん、年間を通して手に入り、価格も安いため常備しているという方も多いのではないでしょうか。白いご飯とともにいただくのはもちろん、卵焼きに混ぜたりチャーハンにしたりとアレンジもしやすい納豆。安く売られていると、ついついまとめ買いをしてしまいたくなりますよね。

しかし、気になるのがその賞味期限。安いからとたくさん買ったものの、結局賞味期限を切らして捨ててしまう結果になるのではまとめ買いした意味がないですよね。そのような時は冷凍保存がおすすめです!

納豆を冷凍で保存するなど、あまり聞いたことがないかもしれませんが、冷凍保存できるとなれば普段食材をまとめ買いしている方や、外食が多い方などもためらわずに買うことができますよね。今回は、そんな納豆の冷凍保存の方法や、冷凍納豆を利用したレシピも紹介します。

冷凍されたら納豆菌はどうなるの?

冷凍保存をする際、気になるのが納豆菌の存在です。納豆は、原材料である大豆を発酵させた発酵食品です。冷凍をしたらその発酵は止まってしまうのでしょうか?

実のところ、発酵活動は解凍すると再び開始するのです。冷凍している間は、いわゆる休眠状態に入るだけで、解凍をして20℃前後に戻ると発酵が開始します。冷凍をしても、納豆菌は損なわれないというのは驚きですね!

冷凍納豆の賞味期間はどのくらい?

冷凍した場合どのくらいもつの?

冷凍保存した場合の保存期間は、約1ヶ月です。実際には、1ヶ月以上過ぎても体に支障をきたすような問題はないそうなのですが、味はどんどん落ちていきます。冷凍する際のポイントについては後ほど詳しくご紹介します。

冷蔵した場合はどのくらいもつの?

冷蔵保存の場合の保存期間は、基本的にはパックなど包装されている容器に記載されている通りです。しかし、これはあくまで「賞味期限」であり、「消費期限」ではないため、賞味期限1〜2週間過ぎても大丈夫という意見も多いようです。ニオイや食感を確認し、異変がないようであれば口にしてみても良いですが、心配な方は記載の賞味期限内に食べるようにしましょう。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう