いちごは冷凍保存すれば2ヶ月持つ!おすすめレシピでおしゃれスイーツ作り

いちごをまとめて買ってみたものの、傷んで使えなくなった経験はありますか?いちごは冷凍で保存すれば長持ちするんですよ!今回は、いちごの上手な冷凍保存の方法や解凍のポイント、賞味期限、そしておいしく食べられるレシピをご紹介します。

2018年12月4日 更新

いちごは冷凍保存がおすすめ

クリスマスから春にかけて、スーパーやケーキ屋さんに華やかに並ぶいちご。甘い香りには、思わず手が伸びてしまいます。いちごは、ビタミンCやポリフェノールが多く含まれているといい、女性にとっては嬉しい効果も多い果物です。本来のいちごの旬の時期は品種にもよりますが4月~5月。
ですが、クリスマスの需要が高いため、促成栽培の技術が進み、最近では12月後半から5月まで出回るようになりました。赤く可愛らしい姿をしたいちごですが、実は食べている部分は実ではないのをご存じですか?この部分は花托(かたく)の発達した花の一部で、種のように見えるいちごの表面に分布しているのが実なのです。驚きですよね。
さて、そんないちごですが、安い時期を狙ってまとめて購入したいと思うものの、気がつくと傷んでいた……といった経験はありませんか。いちごの保存期間は冷蔵庫で一週間程度とされています。
やわらかく、外部からの圧力に弱い為、買ってきた時点で重なっている部分が潰れて傷みはじめている場合も。すぐに食べられない場合は冷凍保存をおすすめします。とはいえ、できるだけいちご本来の風味を損なわずに冷凍保存するにはどういったことに気をつければよいのかご紹介します。

いちごの冷凍保存の方法

いちごは冷凍すると甘みが落ちてしまいます。ヘタを取り、水っぽくならない様にしっかりと水気を切ること、砂糖をかけて甘みを足して保存することがポイントです。

準備するもの

・フリーザーバック(密閉容器)
・砂糖

手順

1.いちごをよく洗い、ヘタや傷んだ部分を取り除きます。
2.水気をよく拭き取ります。
※いちごは水気に弱い為、念入りに水分を拭き取ります。
3.フリーザーバッグや密閉容器に入れます。
4.砂糖をかけて冷凍庫で保存します。
※いちごがしなびている場合は、ヘタや傷みを取り除く前に15分程、水やレモン水に浸けて吸水させるとよいでしょう。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう