ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

いちごの種類は300種類以上!

世界的に見ても日本人はいちご好き。国内で本格的な栽培が始まったのは第二次大戦後になりますが、さまざまな品種改良がおこなわれ、約300種ものいちごが登録されています。数多い品種のなかでも代表的なもの、おすすめのものをご紹介します。

王道のいちご4種類

【とちおとめ】(栃木県)

1996年に登録されて以来、全国で食べられている人気のいちごです。鮮やかな赤色をしており、形はきれいな円錐形。甘味と酸味のバランスがよく、とてもジューシーです。果肉がかためなので日持ちがよく、収穫直後は特に香りが強いことも特徴。名前には、栃木のイメージといちごの持つ女性らしさ、多くの人に親しみを持たれるようにという願いが込められています。

【あまおう】(福岡県)

濃厚な味わいを楽しめるあまおうは、2005年に品種登録されました。「あかい・まるい・おおきい・うまい」という名が表しているように、赤くてふっくら大粒。世界でもっとも重いいちごとして、ギネスワールドレコーズに認定されています。酸味が少ないため、濃厚な甘みを感じやすいことも特徴。果肉がかためなので食べ応えもしっかりです。

【紅ほっぺ】(静岡県)

市場にも多く出回る「章姫(あきひめ)」と「さちのか」を交配し、誕生したいちごです。果皮も果肉も赤く、ほっぺが落ちるくらいおいしいということから名づけられ、2002年に品種登録。少し縦長の長円錐形をしています。甘味と酸味のバランスが絶妙で、濃厚な味わい。そのまま食べることはもちろん、練乳などをつけて味わう食べ方もおすすめです。

【さがほのか】(佐賀県)

大粒の「大錦」と味と香りに優れた「とよのか」から生まれた品種です。大変香りが強く、ジューシーでまろやかな味わい。やや大き目のスッとした円錐形をしており、しっかりした歯ごたえが特徴です。果皮の色味がよく風味がよいため、スイーツの飾りにも向いています。2001年に佐賀県で品種登録されました。

ご当地で人気のいちご4種類

【いばらキッス】(茨木県)

大きくてきれいな円錐形のいちごは、とってもジューシー。糖度が高い果実にはほどよい酸味があり、果汁は多め。やや大きく、果皮は濃い赤色をしています。「とちおとめ」とレッドパール×章姫から作られた「ひたち1号」を交配。さらにそのなかかられた苗を選抜して育成されました。
Photos:8枚
透明な器に盛り付けられたとちおとめ
手の平にのせたあまおうと、白い皿に盛られたあまおう
透明な器に盛り付けられた紅ほっぺ
白い器に盛られたいばらキッス
パックに入ったまりひめ
パックに入ったゆうべに
パックに入ったいちごさん
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS