ライター : macaroniリサーチ

あなたの疑問を解明!macaroniリサーチのアカウントです。食の世界には様々な疑問や賛否両論な出来事があります。そんなどちらとも言えないまだ未解決な事柄を徹底リサーチ。料理研究家…もっとみる

一番好きないちごの品種は?人気ランキングTOP10

味がおいしいのはもちろん、見た目のかわいさからも人気を集めるいちご。「一番好きなフルーツは?」と聞かれたら、「いちご!」と答える人も多いのではないでしょうか。

では「一番好きないちごの品種は?」と聞かれたら?人気の品種を調査すべく、macaroni 読者にアンケートを実施し、ランキングを作成しました。

この記事では、TOP10に輝いたいちごの品種を紹介。実際に食べた人たちの口コミを交えながら、特徴や魅力をお届けしますよ。

調査概要

対象:macaroni 読者
調査期間:2022年2月18日〜2022年3月6日
調査方法:macaroni ランキングで募集
https://ranking.macaro-ni.jp/
回答数:468票

5位 章姫(18票)

ITEM

章姫

¥2,980

章姫

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
章姫(あきひめ)は、1992年に品種登録されたいちごです。「久能早生(くのうわせ)」と「女峰(にょほう)」を交配したもので、静岡県の萩原章弘氏により育成されました。章姫の「章」は、育成者の名前にちなんでいるということですよ。

章姫の特徴

長い円錐形をしており、果肉がやわらかいのが最大の特徴。果汁も豊富で、酸味はやや少なめです。そのまま食べるも良し、ケーキやスムージーにも役立ちます。

章姫を食べたことのある人たちからは、「甘くてやわらかい!」「食べごたえがある!」「酸っぱくなくて食べやすい」という声がたくさん寄せられていました。

4位 スカイベリー(23票)

ITEM

スカイベリー

¥2,480

スカイベリー

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
2014年に品種登録された「スカイベリー」は、栃木県農業試験場で、「00-24-1」と「栃木20号」の交配により誕生。もともとの品種名は「栃木i27号」ですが、公募により「スカイベリー」という愛称がつきました。

スカイベリーの特徴

大粒できれいな円錐形をしており、果皮はつやのある濃い紅色。見た目の美しさだけでなく、まろやかな甘みも持ち味ですよ。そのまま生食で味わうのが一番ですが、見栄えの良さを活かしてケーキ作りに役立てるのもおすすめです。

「練乳いらずの甘さ」「見栄えが良くて贈り物にぴったり!」「ジューシーで絶品」と、味や見た目を讃える声が多々投稿されていました。

3位 紅ほっぺ(54票)

ITEM

紅ほっぺ

¥2,500

紅ほっぺ

※2022年3月11日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「紅ほっぺ」は、「章姫」と「さちのか」をかけ合わせて生まれたいちごです。静岡県農業試験場で育成され、2002年に品種登録されました。果皮が鮮やかな紅色で、ほっぺが落ちるほどおいしいことから、「紅ほっぺ」の名がついたそうですよ。

紅ほっぺの特徴

果実はやや大きめの円錐形で、果皮だけでなく果肉の中心部まで淡い赤色。甘みと酸味が強く、香り高いのが特徴です。なにもつけずに食べても美味ですが、練乳との相性も抜群♪

「甘酸っぱさがたまらない!」「味が濃い♪」「ハリがあっておいしい」と、人気の高さが伺えます。

2位 とちおとめ(78票)

ITEM

とちおとめ

¥3,780

とちおとめ

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「とちおとめ」は、「久留米49号」と「栃の峰(とちのみね)」を交配させて誕生したいちご。栃木県農業試験場で育成され、1996年に品種登録となりました。

栃木県生まれであることと、「いちご=女性らしいイメージ」から、その名がついたのだそうです。収穫量が多く、東日本ではシェア第1位を獲得しています。

とちおとめの特徴

果実が大きめで鮮やかな赤色をしており、日持ちしやすいのが特徴。糖度が高く、適度に酸味がありますよ。そのまま食べてじゅうぶん美味ですが、練乳やチョコレートをつけても絶品。果肉が赤いので、切ってケーキに飾るのにも最適です。

「甘くて大きくて最高♪」「いちごはとちおとめ一択!」「酸味と甘みのバランスがグッド」と高評価。

1位 あまおう(124票)

ITEM

あまおう

¥2,300〜

あまおう

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
福岡県農業総合試験場で育成され、2005年に品種登録された「あまおう」。本来の品種名は「福岡S6号」で、「あまおう」というのは愛称です。「あかい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字からつけられました。

あまおうの特徴

果実が大きく、丸みのある形が特徴です。果肉はやや硬めで果汁は多め。甘みと酸味の調和が見事に取れています。味が濃いのでそのまま食べるのがおすすめですが、ジャムやスイーツ作りにも重宝しますよ。

「いちごはやっぱりあまおうに限る!」「いちご好きの人に贈るなら絶対にあまおう」「とにかくおいしい!」といった声が続々。さすが1位に選ばれただけのことはあり、良い口コミばかりが見られました。

6〜10位のランキング結果

ここからは6位〜10位を紹介していきます。

6位 さがほのか(16票)

ITEM

さがほのか

¥3,500

さがほのか

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「さがほのか」は、「大錦(おおにしき)」と「とよのか」をかけ合わせて生まれたいちごです。佐賀県農業試験研究センターで育成され、2001年に品種登録されました。おもに九州地方で栽培されています。

さがほのかの特徴

大きめの円錐形をしており、果皮はつややかな紅色。ジューシーで甘みが強く、酸味は控えめです。果肉が白いので、カットしてケーキやタルトに飾るよりも、そのまま食べるほうがおすすめですよ。

さがほのかを食べたことのある人たちからは、「酸っぱそうに見えて実は甘い!」「いちごの味がしっかりしておいしい!」「果汁たっぷり!」といった感想が投稿されていました。

7位 やよいひめ(15票)

ITEM

やよいひめ

¥2,780

やよいひめ

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
群馬県生まれの「やよいひめ」は、「とねほっぺ」に「とちおとめ」を交配して育成し、さらに「とねほっぺ」をかけ合わせることで育成されたいちごです。2005年に品種登録されました。

やよいひめの特徴

果肉が硬くて日持ちしやすく、輸送性にもすぐれています。大粒の円錐形で、酸味は少なめです。しっかりとした甘みと香りがあるため、そのまま味わうのがおすすめですよ。

「甘くておいしい」「香りがいい♪」「人に贈ったらとても喜ばれた」と、口コミは上々。なかには「いちごの品種で一番好き!」という声もありました。

8位 いちごさん(12票)

ITEM

いちごさん

¥2,800

いちごさん

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
かわいらしいネーミングが印象的な「いちごさん」は、2018年に品種登録された比較的新しいいちごです。「さがほのか」の後継品種として佐賀県が育成したもので、「佐系14号」と「やよいひめ」が交配されています。「いちごさん」というのは、実は愛称。正式名称は「佐賀i9号」です。

いちごさんの特徴

大きめの円錐形をしており、やさしい甘みとみずみずしさが持ち味。果皮の色が濃く、果肉も赤いため、ケーキのデコレーションに大活躍します。

いちごさんを実際に食べた人たちからは、「ジューシー」「さっぱりしていておいしい」「真っ赤できれい!」といった感想が寄せられていました。

9位 とちあいか(11票)

ITEM

とちあいか

¥4,800

とちあいか

※2022年3月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「とちあいか」は、2018年に栃木県で開発されたいちごです。正式名は「栃木i37号」といいます。「とちあいか」という名前は、一般投票によってネーミング。「全国で愛される栃木の果実になってほしい」という願いが込められているのだそうですよ。

とちあいかの特徴

縦に切ると、断面がかわいらしいハート型になるのが特徴です。果実が大きめで香り高く、ジューシーな甘みが楽しめます。そのまま食べたり、ケーキ作りに使ったりと、幅広く重宝する品種です。

「ハート形がキュート♪」という声が圧倒的に多く、見た目のかわいさから贈り物に活用する人の声も続々。「プレゼントしたら喜ばれた」という口コミが多々見られました。

10位 古都華(10票)

ITEM

古都華

¥5,580

古都華

※2022年3月11日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「古都華(ことか)」は、奈良県農業総合センターにより、2011年に品種登録されたいちごです。「7-3-1」と「紅ほっぺ」が交配されています。「古都 奈良を飾る新たな華となるように」という願いが込められ、ネーミングされたそうですよ。

古都華の特徴

果実が硬くて日持ちしやすく、つやのあるルビー色をしています。糖度と酸度が高く、濃厚な味わいが特徴です。生食はもちろん、スイーツやジャム作りにもうってつけ!

「幸せに浸れる甘さ」「豊かな味が口に広がる!」「別世界のおいしさ」と気になる口コミが多々。

どのいちごがお好み?11位以下もチェック

ひと口に「いちご」と言っても、品種により特徴はいろいろ。あらためて種類の多さを知り、驚いた人が多いのではないでしょうか?「初めて知るいちごがあった」という方は、一度味わってみてくださいね。

11位以下も、まだまだたくさんの品種が登場します。見るだけで心が踊るような、かわいいネーミングのものが続々!いちごが好きな人は必見ですよ♪

いちごの人気品種ランキング結果一覧

  1. 1位 あまおう(124票)
  2. 2位 とちおとめ(78票)
  3. 3位 紅ほっぺ(54票)
  4. 4位 スカイベリー(23票)
  5. 5位 章姫(18票)
  6. 6位 さがほのか(16票)
  7. 7位 やよいひめ(15票)
  8. 8位 いちごさん(12票)
  9. 9位 とちあいか(11票)
  10. 10位 古都華(10票)
ほかのランキング結果はこちら▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ