ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

いちごクッキーを作ろう♩

かわいらしいフルーツといえば「いちご」。見た目もキュートないちご型のスイーツやお菓子は、女子ウケ抜群ですよね!今回はそんないちごをモチーフにした「いちごクッキー」をご紹介します。

いちごクッキーって?

今回ご紹介するいちごクッキーは、切っても切ってもいちご柄のアイスボックスクッキー。成型に少し手間がかかりますが、成形さえ終われば切るだけで手軽に量産できるので、SNSを通じてじわじわと人気が広がっています。
いちごクッキーを作ってインスタに投稿する人も続出中!このかわいさ、たしかに写真を撮らずにはいられないですよね。子ども受けも抜群のようで、おやつ用につくるママさんも多いのだそう。
実際に作った人からは「簡単なのにかわいい!」「女子力高すぎる」と絶賛の声が多数上がっていました。また「どうやって作ったの!?」と作り方を聞かれる人も多いようですよ。次の項目では、気になる作り方をご紹介します。

いちごクッキーの作り方

材料

・バター……70g ・砂糖……60g ・卵……1/2個 ・バニラエッセンス……少々 ・薄力粉……170g ・ベーキングパウダー……小さじ1/3 ・食紅(赤)……適量 ・食紅(緑)……適量 ・黒ごま……適量

作り方

<クッキー生地> 1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、バターと卵を室温に戻します。 2. バターに砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜましょう。 3. 卵を少しずつ加え、分離しないようによく混ぜ合わせます。 4. 粉類を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜましょう。 5. 生地を半分に分け、片方に食紅(赤)で色を付けます。 6. プレーンな生地をさらに1/3取り分け、食紅(緑)で色をつけましょう。 7. それぞれを手でひとかたまりにし、ラップに包んで30分ほど冷蔵庫で寝かせます。 <成形> 1. 赤生地を棒状に伸ばし、30cm定規などで三角形に整えましょう。 2. ヘタを入れたい部分に3か所包丁で切り込みを入れ、冷蔵庫で5分ほど寝かせます。 3. 緑生地を棒状に3本伸ばし、切り込みに沿って赤生地にくっつけましょう。 4. ラップに包んでコロコロと転がし、形を整えなじませます。 5. もう一度冷蔵庫へ入れ、その間にプレーン生地を2~3mm程度の厚さに伸ばします。 6. 先ほど成形した生地の周囲をぐるりと巻き、コロコロ巻いてなじませたら冷凍庫で15分ほど寝かせましょう。 7. 生地を5mm程度の厚さにカットし、黒ゴマで種をつけたら170度のオーブンで15~20分焼いて完成です。

みんなこんな感じで作ってます♩

1. 種をチョコでアレンジ

黒ごまがあまり好きじゃない方は、チョコペンでも代用OK。ひとつひとつに黒ごまを乗せていくよりもスピーディーにできるので、時短調理にもつながりますよ。ただし、完全に冷めてからでないとチョコレートが溶ける可能性がありますので、ご注意くださいね。

2. 竹串で穴をあけてもOK

「黒ごまもチョコもない……!」というときは、こんなアレンジはいかがでしょうか?やり方は、生地を焼く前に爪楊枝やフォークで数か所穴をあけるだけ。簡単なので、お子さまと一緒に仕上げを楽しむことができますよ。

特集

FEATURE CONTENTS