ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

傷みやすいレタスは冷凍保存がおすすめ

一玉を丸ごと買っても、使いきる前に傷みはじめてしまうレタス。鮮度が落ちると苦みも出てしまうため、早めに食べきりたいけれど、なかなか全部は使い切れない……。そんな時は、傷んでしまう前に冷凍保存をするのがおすすめです。

生で食べた食感とは多少異なってしまいますが、いろいろな加熱調理に使えますし、何しろ保存が効くのでとても便利!

冷凍保存には不向きと思われがちな葉物野菜もポイントを抑えれば風味を損なわずに保存が可能なのです。今回はそのポイントと、冷凍保存後のレタスを使ったおすすめレシピをご紹介します。

レタスの冷凍保存方法

レタスは95%が水分と言われており、水分が多いお野菜なので、本来は冷凍には向いていない食材です。ですが、冷凍方法と冷凍後の調理方法など、きちんとポイントを抑えれば冷凍で保存することが可能なのです。それでは、その方法とはどういったものなのでしょうか。

準備するもの

・キッチンペーパー ・フリーザーバック

冷凍方法

1 レタスを洗って、キッチンタオルで水気を良く拭きます。
2 食べやすい大きさに手でちぎります。(包丁で切ると酸化を早めてしまうため。)
3 変色した部分を取り除きます。
4 ちぎったレタスをフリーザーバックなどに入れ、密封し冷凍保存します。

冷凍する際のポイント

フリーザーバックに入れる際に、たくさん詰め込まないようにしてください。冷凍時は急速冷凍が鮮度を保つコツですので、小分けにするようにしましょう。

保存期間

冷凍保存したレタスの保存期間の目安は1ヶ月です。それを過ぎると食べれないわけではないですが、鮮度も落ちていきますので早めに使いきるようにしましょう。

編集部のおすすめ