ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

冷蔵でも長持ち!簡単にできる保存アイデア

レタスは、フレッシュでみずみずしいうちに食べ切りたいもの。でも、ひと玉まるごと買ったレタスが、気がついたら傷み始めていたなんてことありませんか? レタスは買ったらすぐに冷蔵保存するのが基本です。日持ちのしないレタスをなるべく長持ちさせるには、ちょっとしたひと手間を加えてから冷蔵保存するのがコツです。

ここでは、賢く冷蔵保存する3つの方法をご紹介します。芯をくり抜く方法、つまようじを使う方法、小麦粉を使う方法などがありますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

芯をくり抜く保存方法

用意するもの

・キッチンペーパー
・新聞紙、ラップ、ポリ袋(いずれかを用意する)

手順

1. レタスの芯を手でくり抜きます。包丁を使うと、金属によって酸化し、茶色く変色する原因になってしまいます。親指で芯を押し込んで、ねじるようにしてくり抜くのがポイントです。
2. 芯をくり抜いた穴に、濡らして軽く絞ったキッチンペーパーを詰めます。
3. レタスを新聞紙またはラップで包むか、ポリ袋に入れます。
4. 芯のあった部分を下にし、野菜室に入れて保存します。

保存期間

ひと玉まるごと、約1週間前後冷蔵保存できます。保存状態がよければ、2週間ほど保存できる場合もありますよ。

つまようじを使う保存方法

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS