すぐに試して!片栗粉の保存は方法と保存容器を覚えれば劣化せず長持ち

料理のとろみ付けや衣作りと調理の仕上がりに欠かせない片栗粉。みなさんの家庭にひとつは常備してありますよね。そんな片栗粉をより長持ちさせる保存の仕方、意外と知らないひとも多いはず。容器や保管場所を変えるだけの、すぐに試せる方法をご紹介します。

2019年11月21日 更新

賞味期限が切れてる!食べても大丈夫?

それでも、とっくに開封済みで賞味期限が切れていた…という場合もありますよね。賞味期限切れの片栗粉は、本当にもう食べることは出来ないのでしょうか。 あくまで自己責任、自己判断にはなりますが、保存状態が良ければ食べることは可能です。ただし味は劣化していきますので、おいしく食べたいという場合はやはり賞味期限内に食べることをおすすめします。 もともと真っ白なはずの片栗粉がよく見ると黄ばんでしまっていたり、小さいコナダニがいる場合は、使用せずにそのまま処分するようにしましょう。

片栗粉の性質を知って長く使おう!

片栗粉の保存のコツやおすすめの容器に至るまでご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。片栗粉の性質さえ理解してしまえば、案外簡単な方法でより効果的に保存できてしまうやり方ばかりでしたよね。 出番は少なくとも無くてはならない片栗粉、無駄がなく、鮮度よく、必要なときに必要な分だけ使いたいものです。今回ご紹介した方法を参考に、安心して調理出来るよう是非一度試してみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS