ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

2月の手仕事:片栗粉の活用【神谷よしえさんの12カ月の手仕事 #8】

Photo by 渡邊康昭/UP inc.

とろみ付けや揚げ物など、料理に欠かせない片栗粉。常備しているご家庭は多いと思いますが、持て余し気味……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毎月、生活の知恵ともいえる手仕事と季節のレシピを教えてくださっているフードアドバイザーの神谷よしえさんは、「この時期、年末年始の餅つきで大量に用意した片栗粉が使い切れずに困っているという声をよく耳にするんです」といいます。そこで、連載の8回目は、余りがちな片栗粉の使い道をご紹介します。

Photo by 渡邊康昭/UP inc.

フードアドバイザー・調味料ソムリエプロ/神谷よしえさん 大分県宇佐市出身。伝承料理研究家の母が設立した台所だけの建物「生活工房とうがらし」を継承。「ごはんはエール」をテーマに人と人を繋ぎ、産地と料理人を繋ぐ活動や国内外でおにぎりや調味料の講演やセミナーなどをおこなっている。趣味はおにぎりを握ること
「片栗粉のとろみは料理を冷めにくくする効果があります。冷えが辛い2月は、余った片栗粉を活用するにはちょうどよい時期です。

本来、カタクリという植物から作られる片栗粉ですが、近年市場に流通しているもののほとんどはじゃがいもから作られています。じゃがいもは身体を冷やす食材ですが、片栗粉としてとろみ付けに使うことで葛湯のように身体を温める効果が期待できますよ。

片栗粉は熱が加わると固まる性質があるため、60℃以上のお湯に一度に入れるとダマになりやすいです。上手くとろみをつけるコツは、あらかじめ沸騰させた汁物にかき混ぜながら水溶き片栗粉を少しずつ回し入れ、再度、熱を加えながらしっかり混ぜ合わせることです」

冷えた身体をじっくり温める「とろみ抹茶オレ」

Photo by 渡邊康昭/UP inc.

調理時間:3分

「寒い季節は温かいドリンクが飲みたくなりますが、とろみをつけるとより一層身体を芯から温めてくれます。黒砂糖入れたり、市販されているスティックタイプのカフェオレや抹茶オレに加えて甘味を足したりすると、小さいお子さまも飲みやすくなりますよ。

また、最近は嚥下防止のために飲み物にとろみをつけるご年配の方が増えています。とろみ付け機能がある自動販売機も注目されていますよね。みなさんもいろいろな飲み物にとろみをつけて、自分のお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか」

材料(1人分)

・片栗粉……大さじ1杯
・スティック飲料(抹茶オレ味)……1本
・水……100cc(スティックの水分に合わせる)

作り方

1. マグカップに片栗粉と水を入れてかき混ぜて溶かしたあと、スティック飲料を加えてダマがなくなるまでよくかき混ぜる

2. ラップをかけずに電子レンジ500Wで1分加熱し、取り出したらよく混ぜ合わせる

3. さらに電子レンジ500Wで1分〜1分30秒加熱する。熱いうちに取り出し、とろみと透明感が出るまでかき混ぜる

ぷるんぷるんの食感「ミルク餅」

Photo by 渡邊康昭/UP inc.

調理時間:5分

「コロナ禍で牛乳消費量が減り、牛乳余りも問題になっていますよね。そんな牛乳の消費にもつながる片栗粉のおいしい活用法が、ミルク餅です。できたてはふんわりやわらかく、冷やして食べるとぷるんぷるんの食感がやみつきになります。

しかし、寒い時期はぜひ温かいうちに食べていただけたらと思います。あったかいみたらしあんや黒蜜をかけて食べると心がほっとしますよ。もちろん、レンジで温めても大丈夫です。

また、じつはめんつゆとも相性抜群。長ねぎやしょうがをのせてめんつゆや熱々のだし汁をひとまわしすれば、おかずにも早変わりします。

ミルク餅は、電子レンジで加熱後に一気に混ぜるとダマになってしまうので練り込むように混ぜ合わせましょう。黒糖を加熱するときは、吹きこぼれやすいので深めの耐熱皿を用意してください」

材料(1人分)

・片栗粉……大さじ2杯
・牛乳(または豆乳)……100cc
・黒蜜……適量
・きなこ……適量

〈黒蜜〉
・黒糖(黒蜜でも可)……20g
・水……10cc
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ