3. 庶民の憧れタンシチュー

いつの時代も庶民の憧れの座をほしいままにしている、タンシチュー。おうちで作るときは、硬めですが味の濃い舌先部分を使うのがベストです。やわらかくする際は、ぜひヨーグルトでまろやかさをアップさせてみてはいかがでしょうか?しっとりとした舌触りは、濃厚なシチューとよく合いますよ。

4. 濃厚さは豚バラがピカイチ

脂が多い豚バラ肉は、こってりとした濃厚さが魅力。こちらのレシピはお肉を赤ワインに漬け込んでいますが、パイナップルなど酸味のきいたフルーツを使うのもおすすめです。さっぱりとした酸味が、より脂の甘みを際立たせてくれますよ。

5. 迷ったときは肩肉がおすすめ

牛肉の種類で迷ったときは、安くて力強い味わいの牛肩肉がおすすめです。すね肉と同じで筋が多いので、コクをアップさせてくれる赤ワインとよく合います。隠し味の味噌を白味噌に、漬け込みをヨーグルトにしてやさしい味わいのシチューにしてもおいしいですよ。

おうちで手軽にプロの味を実現!

ビーフシチューは手間がかかるイメージでしたが、こんなに簡単にできるのならばもっと気軽に作れそうですよね。放置しておけばやわらかくなる方法が多いので、買ってすぐに仕込みだけしておけば夕食時にサッと作れそうです。 おいしそうな牛肉が手に入ったら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?特別な器具がなくても、手軽に作れるプロの味を堪能してみてくださいね。
▼よりおいしいビーフシチューを作りたい方はこちらもチェック!
▼残ったらリメイクしませんか?

編集部のおすすめ