ビーフシチューのおすすめ隠し味8選!プロ並みのコクを生み出す作り方テク

プロ並に仕上げたい!ビーフシチューのおすすめの隠し味を使えば、市販のルウでもおいしい味にシアがrます。今回は、市販のルウに隠し味を加え、コクたっぷりのビーフシチューに仕上げる方法をご紹介します。ぜひ試してみてください!

ビーフシチューに加えたい隠し味って?

大人から子供まで大好きなビーフシチュー。お肉とたっぷりの野菜を煮込んだビーフシチューは、栄養たっぷりで身体も温まり、寒い時期に食べたくなる料理の一つではないでしょうか。

しかし煮込み料理は調理時間がかかるため、なかなか作る意欲が湧きませんよね。また、市販のルウを使うと何か物足りないビーフシチューになってしまい、今ひとつおいしくないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、市販のルウに少し加えるだけでおいしくなる「隠し味」をいくつかご紹介します。

市販のルウでもおいしくできる

本格的なビーフシチューは、牛肉、ニンジン、玉ねぎなどの野菜をブイヨンで煮込み、そこにデミグラスソースなどで味付けして作られます。

本格的なビーフシチューはよく煮込むため、コクたっぷりでおいしいですが、その分、時間と手間がかかり経済的でもありませんね。そのため、一から作るビーフシチューはご家庭ではなかなか難しく、市販のルウを使われる方が多いかと思います。

実は市販のルウでも「隠し味」を加えることで、簡単に本格的な味に近づきます。そこで、ルウに少し加えて簡単に深いコクを出せる「隠し味」をいくつかご紹介します。どれもご家庭にあるものや、簡単に購入できるものばかりです。

忙しくて時間のない方、時間をかけずに美味しいものを食べたい方など、ぜひ試してみてください。

ビーフシチューに使いたい隠し味8つ

では、ビーフシチューをおいしくする「隠し味」をいくつかご紹介します。それぞれ「隠し味」の特徴を記載してありますので、参考にしてみてくださいね。

コンソメ

コンソメは、お肉や魚から取った出汁に、お肉や野菜を加えて煮立て、それを凝縮させたものです。ですので、コンソメを加えるだけで調和のとれた旨味たっぷりのおいしいビーフシチューになります。コンソメは、具材に水を足して煮込む際に加えよく煮ると、具材にしっかりと味がしみ込みます。

赤ワイン

赤ワインの持っている酸味と渋みが加わることで、料理に深いコクが生まれ風味も良くなります。また、赤ワインには、お肉を柔らかくする効果もあるため、ルウを入れる前に赤ワインとお肉を一緒に煮込むことで、柔らかく味わい深いお肉に仕上ります。

そして、ルウを入れた後に少量の赤ワインを足すと、さらに濃厚なビーフシチューになります。ただし、このときにアルコール成分が残っていると美味しくありませんので、しっかりとアルコール成分をとばしてから召し上がってください。

野菜ジュース

水の代わりに野菜ジュースを加えてよく煮込めば、酸味とコクがアップし爽やかな仕上がりになります。野菜ジュースは、色々な野菜のエキスが凝縮されて作られているため、ビーフシチューにいれると、何日も煮込んだような深い味わいを出してくれます。

野菜ジュースがない場合は、トマトジュースでも代用できますし、量が足りない場合は赤ワインと組み合わせて入れるのもおすすめです。

味噌

味噌をビーフシチューに入れると、まろやかな深いコクを出してくれます。また使う味噌の種類によって、少し違った味わいを楽しむこともできます

例えば白みそを入れた場合、優しい和風テイストの仕上がりになります。赤みそを入れた場合は、濃厚なしっかりとした味に仕上ります。また、赤みその中でも名古屋の八丁味噌は、煮込めば煮込むほど深いコクを出してくれます。ただし味噌には塩分が多く含まれているので、入れ過ぎに注意しましょう。

ウスターソース

ウスターソースは、野菜や果物を凝縮したものに、砂糖や酢、塩分、スパイスを加えて調製したものです。少量加えるだけでまろやかになりコクがアップし、よく煮込んだ味になります。ただし、塩分が多いため、加えすぎないよう味見をしながら加えていきましょう。

インスタントコーヒー

コーヒーには、コーヒー特有のほろ苦い風味と香ばしさがあり、様々な料理の隠し味として使われています。そんなコーヒーを粉末状にしたインスタントコーヒーをビーフシチューに大さじ1〜2杯程入れると、ぐっと深いコクが生まれ、大人の味に仕上ります。

はちみつ

ビーフシチューにはちみつを加えると、甘みとコクが増し、まろやかになります。ビーフシチューを一口食べた時に、口いっぱいに広がるはちみつの自然な甘さは、お子様にも食べやすくオススメです。

はちみつはルウを加えた後に入れてもいいですし、お肉を炒める前に、はちみつにお肉を漬けておいてもよいでしょう。はちみつにもワインと同様に、お肉を柔らかくする効果がありますので、コクがアップするだけでなくジューシーなお肉を楽しむことができます。

甘いのが苦手という方は、はちみつの量で甘さを調整することもできますが、はちみつにヨーグルトを混ぜたものにお肉を漬けると良いでしょう。ヨーグルトの酸味がプラスされてコクを残しつつも甘さ控えめにできます。

ヨーグルト

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう